2017年08月31日 05時00分 公開
特集/連載

「Windows 10 Fall Creators Update」リリース日までにやっておきたいSMBプロトコル脆弱性対策「SMBv2」「SMBv3」の無効化は得策ではない

「Windows 10」の次期大型アップデート「Fall Creators Update」では、「EternalBlue」というエクスプロイト(脆弱性攻撃プログラム)の悪用を可能にしていた弱点が修正される。アップデート適用日までにできる対策とは。

[Judith MyersonTechTarget]
「Windows 10 Fall Creators Update」 「Windows 10 Fall Creators Update」を予告するMicrosoftのWebサイト《クリックで拡大》

 2017年9月、Microsoftは「Windows 10」の「Fall Creators Update」をリリースし、Server Message Block version 1(SMBv1)は正式に締め出される。米国家安全保障局(NSA)のハッキングツール「EternalBlue」は脆弱(ぜいじゃく)性(CVE-2017-0144)を利用できなくなり、Windows 10と「Office 365」のファイルは全て、リモートでの不正なコード実行から保護される。

 多くのWindowsユーザーは、Microsoftが今もサポートしている過去のWindowsバージョンのパッチをインストールしなかった。そうしたユーザーは、EternalBlueを利用した身代金要求型マルウェア(ランサムウェア)である「WannaCry」の被害に遭った。影響を受けるファイルは、脆弱性のあるプロトコルを通じてWindowsクライアントやサーバの間で共有された。

ITmedia マーケティング新着記事

news067.jpg

Xにおける「バレンタイン」を含む言及数は過去4年間で最多だがUGC数は最少 どういうこと?
ホットリンクは、X(旧Twitter)に投稿されたバレンタインに関するUGCについて調査しまし...

news061.jpg

Expedia幹部が語る旅行体験向上のためのAI活用とグローバルブランド戦略
Expediaは、日本での18周年を記念してブランドを刷新した。テクノロジーへの投資を強化し...

news046.png

B2Bマーケティング支援のFLUED、国内のEC/D2C企業20万社のデータベース「StoreLeads」を提供開始
B2Bマーケティング・営業DXを支援するFLUEDは、カナダのLochside Softwareが提供するECサ...