2018年02月13日 05時00分 公開
特集/連載

国内でも高額被害 「ビジネスメール詐欺」(BEC)を食い止めるための対策とは?企業版振り込め詐欺「ビジネスメール詐欺」の脅威と対策【第3回】(2/2 ページ)

[山外一徳,トレンドマイクロ]
前のページへ 1|2       

BECの組織的対策

 前述の通りBECでは、サイバー犯罪者は従業員に気付かれないように業務メールを盗み見て、なりすましメールを従業員に送ります。なりすましメールの件名や本文などの見た目は、通常の業務メールと何ら変わりません。仮に企業が技術的なセキュリティ対策を実践していたとしても、なりすましメールだと検知できない場合が想定できます。

 技術的対策で業務メールの盗み見を防ぎ、なりすましメールを検知することは、BECの被害に遭わないようにするために必要です。その上で、以下の組織的対策を実施することが重要になります。

  • 不正送金を防ぐ社内プロセスの整備
  • 従業員に対する教育

不正送金を防ぐ社内プロセスの整備

前のページへ 1|2       

ITmedia マーケティング新着記事

news015.jpg

「パーソナライゼーションエンジン」 売れ筋TOP10(2022年5月)
今週は、パーソナライゼーション製品の国内売れ筋TOP10を紹介します。

news150.jpg

2022年の「値上げ」に対する消費者の意識と行動――日本インフォメーション調査
消費者はどのような商品・サービスに値上げを実感し、どう対策しようとしているのでしょ...

news038.jpg

TikTokのとてつもない稼ぎ力 急成長の秘密は?
TikTokの広告収入はTwitterとSnapchatのそれを足し合わせても追い付かず、近い将来はYouT...