サイバーセキュリティ分野で働く女性が議論 優秀な人材を採用する方法とはIT業界でキャリアを高める

「RSA Conference 2018」でサイバーセキュリティ専門家の女性たちによるパネルディスカッションが開催された。イベントでは、最適な人材を見つける方法や優れた指導者になる方法について議論が交わされた。

2018年06月25日 05時00分 公開
[Michael HellerTechTarget]

関連キーワード

経営 | 人事 | セキュリティ


画像 RSA Conference 2018「セキュリティ業界における女性:先進的な取り組み」

 情報セキュリティ業界の多様性が重要な話題になりつつある中、暗号化やマルウェア対策といった情報セキュリティ分野のカンファレンス「RSA Conference 2018」(以下、RSAC)が開催された。壇上では、サイバーセキュリティ専門家の女性たちがパネルディスカッションをして、おのおのの経験を紹介した。

 パネルディスカッションでは、サイバーセキュリティ業界で働き始めたころに受けた最高のアドバイスや励ましの言葉、優れたメンター(指導者)になる方法、適切なメンティー(後輩)を見つける方法について出席者が語った。ディスカッションに先立ち、Cobaltでセキュリティ戦略部門のバイスプレジデントを務めるキャロライン・ウォン氏とディスカッションの司会者が、サイバーセキュリティ分野の多様化を進めて女性の進出を促すために、雇用を改善する方法を議論した。

 ウォン氏は、IT業界の人材採用担当者が「特定の経歴や背景を求める」傾向があることを指摘した。この傾向は、ある限定された範囲の志望者しか集まらないといった事態を招く。

ITmedia マーケティング新着記事

news135.png

インターネットの利用環境、女性の66%は「スマホのみ」――LINEヤフー調査
LINEヤフーが実施した2023年下期のインターネット利用環境に関する調査結果です。

news108.png

LINEで求職者に合った採用情報を配信 No Companyが「チャットボット for 採用マーケティング」を提供開始
就活生が身近に利用しているLINEを通して手軽に自社の採用情報を受け取れる環境を作れる。

news102.jpg

GoogleがIABのプライバシーサンドボックス批判に猛反論 完全論破へ42ページのレポートを公開
Googleは、米インタラクティブ広告協会から寄せられた批判について「多くの誤解と不正確...