2018年08月06日 05時00分 公開
特集/連載

フィッシングメールをワンクリックで管理者に報告 プルーフポイントが訓練サービスフィッシングなど、メールによるサイバー攻撃を防ぐ

日本プルーフポイントが従業員訓練を中心としたメールセキュリティサービスを提供開始した。従業員のフィッシング対策用Web教材や、不審なメールをワンクリックで管理者に報告できるサービスなどをそろえた。

[上田 奈々絵,TechTargetジャパン]

画像 製品の仕組み(出典:日本プルーフポイント)

 日本プルーフポイントは2018年7月25日、フィッシング対策の従業員訓練に特化したクラウドサービス群「Phishing Simulation and Security Awareness」の提供を開始した。フィッシング攻撃のシミュレーションと、セキュリティに関する訓練用のWeb教材(トレーニングモジュール)を中心としたサービス群だ。トレーニングモジュールは、eラーニングの標準規格であるSCORM形式のファイルとしてダウンロードすることも可能。

 Phishing Simulation and Security Awarenessは以下のサービスで構成される。

ITmedia マーケティング新着記事

news030.jpg

経営にSDGsを取り入れるために必要な考え方とは? 眞鍋和博氏(北九州市立大学教授)と語る【前編】
企業がSDGsを推進するために何が必要なのか。北九州市立大学の眞鍋和博教授と語り合った。

news022.jpg

「サイト内検索」ツール(有償版) 国内売れ筋TOP10(2021年7月)
サイト内検索(サイトサーチ)ツールは検索窓から自社サイト内のコンテンツを正確に、効...

news139.jpg

SNSの利用時間は77.8分、Instagram利用率は50%超え――Glossom調査
スマートフォンでの情報収集に関する定点調査。スマートフォンの利用時間は順調に増加し...