2018年08月06日 05時00分 公開
特集/連載

フィッシングなど、メールによるサイバー攻撃を防ぐフィッシングメールをワンクリックで管理者に報告 プルーフポイントが訓練サービス

日本プルーフポイントが従業員訓練を中心としたメールセキュリティサービスを提供開始した。従業員のフィッシング対策用Web教材や、不審なメールをワンクリックで管理者に報告できるサービスなどをそろえた。

[上田 奈々絵,TechTargetジャパン]

画像 製品の仕組み(出典:日本プルーフポイント)

 日本プルーフポイントは2018年7月25日、フィッシング対策の従業員訓練に特化したクラウドサービス群「Phishing Simulation and Security Awareness」の提供を開始した。フィッシング攻撃のシミュレーションと、セキュリティに関する訓練用のWeb教材(トレーニングモジュール)を中心としたサービス群だ。トレーニングモジュールは、eラーニングの標準規格であるSCORM形式のファイルとしてダウンロードすることも可能。

 Phishing Simulation and Security Awarenessは以下のサービスで構成される。

ITmedia マーケティング新着記事

news061.jpg

「スマホ決済」が増加傾向――マイボイスコムがスマートフォンの利用動向調査
生活者1万人にスマートフォンの利用状況を聞いています。

news068.jpg

SaaS化が加速するコンタクトセンター/コンタクトセンターの現在―矢野経済研究所調べ
国内のコールセンターサービス市場およびコンタクトセンターソリューション市場について...

news045.jpg

ラグビーワールドカップ2019日本大会、日本代表戦5試合の視聴人数は8700万超え――ビデオリサーチ調査
ビデオリサーチが「テレビ視聴率調査」から全国の視聴人数を推計しました。