2018年08月06日 05時00分 公開
特集/連載

フィッシングなど、メールによるサイバー攻撃を防ぐフィッシングメールをワンクリックで管理者に報告 プルーフポイントが訓練サービス

日本プルーフポイントが従業員訓練を中心としたメールセキュリティサービスを提供開始した。従業員のフィッシング対策用Web教材や、不審なメールをワンクリックで管理者に報告できるサービスなどをそろえた。

[上田 奈々絵,TechTargetジャパン]

画像 製品の仕組み(出典:日本プルーフポイント)

 日本プルーフポイントは2018年7月25日、フィッシング対策の従業員訓練に特化したクラウドサービス群「Phishing Simulation and Security Awareness」の提供を開始した。フィッシング攻撃のシミュレーションと、セキュリティに関する訓練用のWeb教材(トレーニングモジュール)を中心としたサービス群だ。トレーニングモジュールは、eラーニングの標準規格であるSCORM形式のファイルとしてダウンロードすることも可能。

 Phishing Simulation and Security Awarenessは以下のサービスで構成される。

ITmedia マーケティング新着記事

news093.jpg

SaaS企業として驚異の継続率97% ServiceNowが考える、CX向上にDXが不可欠である理由
「ガートナー カスタマー・エクスペリエンス&テクノロジ サミット 2019」におけるServic...

news134.jpg

「Tableau 2019.2」発表、コミュニティーからリクエストが多かった新機能を多数追加
位置情報に基づく意思決定を支援するベクターベースのマッピング機能も。