2019年01月24日 05時00分 公開
特集/連載

痕跡の確保から復旧までランサムウェア被害対策ガイドラインはどのように更新すべきか

ランサムウェア攻撃の増加により、ランサムウェア対策ガイドラインを最新のバージョンにする必要性が出てきた。ガイドラインはどのような要素を取り入れて更新すべきだろうか。

[Nick Lewis,TechTarget]
photo

 ランサムウェアに感染した場合、感染前のバックアップからデータを復元するだけでは不十分だ。包括的なランサムウェア対策のガイドラインを立てておくことは、情報セキュリティプログラムにとっての重要事項だ。新しい感染時対策ガイドラインの策定には、新しい脆弱(ぜいじゃく)性が識別されたときに情報セキュリティプログラムを更新するフィードバックループを考慮する必要がある。

 ランサムウェア攻撃の影響は、ガイドラインの改善により軽減できる可能性がある。

 この記事では、ランサムウェア対策ガイドラインと、感染時の企業の適切な対応について説明する。

ランサムウェア感染時ガイドラインの作り方

ITmedia マーケティング新着記事

news033.jpg

ブランドは信頼に値するか? 「イエス」は日本ではわずか38%――エデルマン・ジャパン調査
エデルマン・ジャパンは、世界8カ国、1万6000人を対象に実施した消費者意識調査の日本に...

news019.jpg

「ラグビーワールドカップ2019」がおじさんの心を動かす――CCC調査
「ラグビーワールドカップ2019」が日本で開催されたことで日本人のラグビー愛にどう変化...

news044.jpg

誰のためのBI? 本当の「アナリティクスの民主化」って? マイクロストラテジー・ジャパン社長に聞く
「エンタープライズBI+セルフサービスBI」を掲げるMicroStrategy。同社日本法人社長に話...