2019年05月24日 05時00分 公開
特集/連載

理由と対処法を整理DDoS攻撃はなぜ秋に急増するのか? “ゲーマー学生”原因説も

分散型サービス拒否(DDoS)攻撃は秋に急増する傾向があるという。なぜこのような現象が起きるのだろうか。DDoS攻撃の対処法と併せて考える。

[Nick Lewis,TechTarget]
画像

 Kaspersky Labの分析によると、分散型サービス拒否(DDoS)攻撃は通常、夏の数カ月は活動が低下し、9月頃に増加する傾向があるという。DDoS攻撃にこのような傾向があるのはなぜだろうか。他にも企業が注意すべきDDoS攻撃パターンはあるのだろうか。

 大学生が寮に戻り、高速で大容量のインターネット通信を始める9月に、DDoS攻撃が加速する傾向があることが分かっている。ブロードバンドが今ほど普及していない時代にはもっと顕著だったが、今も同様の傾向が続いているようだ。

 この傾向は、学生がオンラインビデオゲームで遊ぶ時間が増えることが、多少なりとも関係している可能性がある。ビデオゲームの対戦相手にDDoS攻撃を仕掛けることを望むプレイヤーが存在するためだ。

 ただし理由は他にもたくさんある。

ITmedia マーケティング新着記事

news037.jpg

2019年の消費増税前後で日本人の消費はどう動いたか――Criteo幹部が解説
若い世代を中心に増税前の消費は上昇したものの買われたのは低価格な日用品が中心。ECよ...

news063.jpg

過度なオンラインショッピングは「依存症」、感情に基づく広告etc. Gartnerの戦略的展望
Gartnerが発表した重要な戦略的展望トップ10からマーケティングやCX(顧客体験)に関わる...