2019年07月06日 08時30分 公開
特集/連載

専門家の意見は真っ二つApple独自のシングルサインオン「Sign In with Apple」は本当に安全か?

Appleは、ユーザーのプライバシーを重視した独自のシングルサインオンサービス「Sign In with Apple」を準備中だ。このサービスについて専門家の評価は分かれている。

[Michael Heller,TechTarget]

関連キーワード

Apple | iOS


画像

 Appleは、2019年6月に開催した開発者向け年次カンファレンス「Worldwide Developers Conference」(WWDC)で、シングルサインオン(SSO)サービス「Sign In with Apple」を発表した。GoogleやFacebookなどが提供している、ソーシャルメディアサービスのアカウントを利用したSSO(ソーシャルログイン)サービスよりもプライバシーを確保できるとうたっている。

 Sign In with Appleは、アプリケーションベンダーに提供するデータを制限することでプライバシーを保護する。ユーザーのメールアドレスを匿名化する機能も利用できる。Appleがランダムなメールアドレスを生成してサードパーティーのベンダーに提供し、サードパーティーサービスがこのアドレスへの通信をユーザーに転送する仕組みだ。

 Apple製品の共通アカウント「Apple ID」の認証として、Sign In with Appleはパスワードと確認コードによる二要素認証を必要とする。加えて「iOS」搭載デバイスの顔認証「Face ID」や指紋認証「Touch ID」と連携させることで、セキュリティを高めている。Webサービスへのサインインでは、Sign In with Appleは他のSSOサービスとほぼ同様に機能しそうだ。

具体的な処理は不明確なまま

ITmedia マーケティング新着記事

news018.jpg

「TikTok Ads」2019年の振り返りと2020年の展望
もう「踊ってみた」動画だけではない。急成長する広告配信プラットフォーム「TikTok Ads...

news112.jpg

「メルカリハイ」の謎を解く――4人に1人が100円以下の利益でもフリマアプリに出品
なぜ人は100円以下の少額利益でもフリマアプリに出品してしまうのか。謎を解く鍵は「承認...

news049.jpg

買い物場所の使い分け調査2019――日本能率協会総合研究所
コンビニエンスストア、ドラッグストア、100円ショップなど業態別利用実態と「そこで買う...