2019年12月07日 08時30分 公開
特集/連載

ザッカーバーグCEOの「Facebookはプライバシーを重視」の約束は守られたのかFacebookの不祥事を振り返る【後編】

Facebookで相次いだセキュリティやプライバシーに関する問題に対して、CEOのマーク・ザッカーバーグ氏は改善を約束した。その約束は今でも守られているのだろうか。

[Michael Heller,TechTarget]

 2019年1月、Facebook社がAppleのモバイルOS「iOS」に潜んでいたポリシーの抜け穴を悪用し、情報収集用のアプリケーションを配布していたことが判明した。このアプリケーションは、Appleが発行した証明書を使ってユーザーのデバイスのルート権限を取得し、位置情報、アプリケーションが発信するメッセージなどの情報収集ができるようになっていたという。Facebook社は「ユーザーが自主的にこのアプリケーションをインストールした」と主張している。

 この報道を受け、AppleはFacebook社の証明書を全て利用停止し、該当の情報収集アプリケーションの配信を取りやめた。だがこれにより、Facebook社が社内用に開発したiOS用アプリケーションも全て実行できなくなってしまった。Appleはその後、Facebook社の証明書を復活させている。

平文で保存されていたパスワード

 前編「Cambridge Analytica事件だけではない 『Facebook』の不祥事を振り返る」で紹介した2018年12月の内部文書流出に加え、さらに2019年2月には別の内部文書が流出した。それによりFacebook社が2012年に、GoogleのモバイルOS「Android」を搭載するデバイスの位置情報と基地局IDを照合させ、位置情報を認識する製品の提供を試みる計画を立てていたことが明らかになった。同社のソーシャルネットワーキングサービス「Facebook」を、競合するアプリケーションがどのように利用しているかなど、ライバル企業の機密情報を収集しようとしていたことも判明した。

 2019年3月、Facebook社のCEOであるマーク・ザッカーバーグ氏は、同社のユーザープライバシー保護体制に問題があることを認めた。その上で「Facebookを『プライバシー重視』のサービスに変える」ことを約束した。

約束は守られたのか

ITmedia マーケティング新着記事

news155.jpg

2020年上期インターネット広告市場動向と下期業種別出稿動向予測――サイバー・コミュニケーションズ調査
国内のデジタルマーケティング業界の関係者を対象にした、新型コロナ禍におけるインター...

news162.jpg

「ダークソーシャル」はユーザーの行動にどれだけ影響するか――ホットリンク調べ
DM(ダイレクトメッセージ)をきっかけとする消費者行動の実態とは。

news155.jpg

東京五輪を「訪日観戦したい」 中国58.4%、米国21.0%――ブレインパッド調べ
東京五輪に関して世界の2大国で意識調査。米中ともに約半数が東京五輪の開催を希望してお...