フェラーリを攻撃したランサムウェア集団が欲しがった“あの情報”とは?高級自動車メーカーを襲うランサムウェア【前編】

2023年3月、Ferrariはランサムウェア攻撃を受けたことを発表した。攻撃を仕掛けたのは誰で、どのような情報を欲しがったのか。

2023年05月12日 07時15分 公開
[Alex ScroxtonTechTarget]

 イタリアの自動車メーカーFerrari(フェラーリ)は2023年3月、同社のITインフラがランサムウェア(身代金要求型マルウェア)攻撃を受けたことを発表した。攻撃により、同社顧客の個人情報が流出した可能性があるという。どのような情報が影響を受けたのか。

流出してしまった情報、流出を免れた情報

 フェラーリが公開した声明によると、流出したのは顧客の氏名、住所、電話番号といった個人情報だ。2023年3月20日(現地時間)時点までの調査では、顧客の車両や財務に関するデータは流出していないという。同社は攻撃者から「ある特定の顧客の連絡先」に関する身代金の要求を受けたとも伝えた。攻撃者が誰なのかには言及していない。

 身代金の要求を受け、フェラーリはサイバーセキュリティ専門企業の協力を得て、直ちに調査を開始。捜査を実施することになっている機関に、情報を提供したことを明らかにした。

 声明によると、フェラーリは同社のセキュリティポリシーとして身代金を支払うことはない。「身代金を支払うことで、攻撃者に資金を提供し、攻撃を長引かせることになる」というのがその理由だ。

 「身代金を払う代わりに、ランサムウェア攻撃を受けた事実を伝えることが最善の策だ」と考えたフェラーリは、攻撃によるデータ流出の可能性を顧客に周知した。同社は「顧客の機密保持の重要性を深刻に受け止め、専門家の協力を得て、ITインフラのセキュリティを強化する」と説明する。

 「ランサムウェア攻撃と身代金の要求は、フェラーリの通常業務とフォーミュラ1(F1)世界選手権に出場している同社のレーシングチームには影響しない」と文書は付け加える。


 後編は、フェラーリの対処から得られる学びを整理する。

Computer Weekly発 世界に学ぶIT導入・活用術

米国TechTargetが運営する英国Computer Weeklyの豊富な記事の中から、海外企業のIT製品導入事例や業種別のIT活用トレンドを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news094.jpg

電通が「AI×クリエイティブ」の強みを生かしたビジネスコンサルティングサービスを提供開始
電通は「AI×クリエイティブ」で企業の事業やサービスの開発を支援する新サービス「AIQQQ...

news053.jpg

「docomo Ad Network」 高LTVユーザーのみに広告配信ができる顧客セグメントを追加
D2Cは顧客生涯価値が高くなることが見込まれるセグメントを抽出し、新たなセグメント情報...

news135.png

インターネットの利用環境、女性の66%は「スマホのみ」――LINEヤフー調査
LINEヤフーが実施した2023年下期のインターネット利用環境に関する調査結果です。