TikTokの“使用禁止”は単なる被害妄想なのか? 英国で上がる批判の声各国が乗り出す「TikTok」規制【第3回】

米国政府や欧州委員会に続き、英国政府も公用端末での「TikTok」利用を禁止した。この措置に対し、複数方面から批判の声が上がっている。それはなぜなのか。

2023年05月12日 05時15分 公開
[Alex ScroxtonTechTarget]

 2023年3月、英国政府はショート動画共有サービス「TikTok」の公用端末での使用を禁止した。同年2月には米国政府、欧州連合(EU)の執行機関である欧州委員会も同様の措置を取っている。一方で英国政府の内部から、今回の動きに対する批判的な声が出ている。

英国政府の措置に対して“真っ二つ”に割れる意見

 英国政府が公用端末におけるTikTokの使用を禁止したのは、中国政府への情報漏えいの懸念があるためだ。「なぜ政府が保有する端末のみが規制の対象なのか。禁止措置の対象範囲を広げる必要があるのではないか」。英国労働党の副党首で影のランカスター領担当相(ランカスター公領大臣を監視する役割を持つ大臣)を務めるアンジェラ・レイナー氏は、政府の動きに疑問を投げ掛ける。

 他にもレイナー氏は、「英国政府の措置は一貫性や迅速性に欠ける」と指摘し、次のように訴える。「英国の安全を守り、中国のような国家と対等に渡り合うには、強力かつ一貫した明確なアプローチが必要だ」

 一方で科学革新担当相のミシェル・ドネラン氏は2023年2月、「TikTokの使用に関する規制は個人の選択の問題だ」と発言した。「TikTokのセキュリティに問題がある証拠は見当たらず、禁止措置は行き過ぎている」というのがドネラン氏の主張だ。

 TikTokは過去に、英国政府が公用端末でのTikTok使用を禁止したことについて「失望している」とコメントした。中国政府はTikTokの使用を巡る懸念について、「西側の被害妄想だ」と非難している。


 第4回は、特にどのようなユーザーがTikTokを使用する場合にセキュリティリスク生じやすいのかを解説する。

Computer Weekly発 世界に学ぶIT導入・活用術

米国TechTargetが運営する英国Computer Weeklyの豊富な記事の中から、海外企業のIT製品導入事例や業種別のIT活用トレンドを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news074.jpg

ニップンと刀が協業 マーケティングノウハウで成熟市場を拡大へ
ニップンと刀は「ニップン × 刀 協業発表会」を開催し、協業を通じた両社の取り組みとそ...

news197.png

広告運用自動化ツール「Shirofune」がMicrosoft広告の改善機能を実装
Shirofuneは広告運用自動化ツール「Shirofune」に改善カード機能を追加。これにより、キ...

news192.jpg

インテージ、「YouTube Select」「YouTube Shorts」における態度変容調査を提供開始
広告効果測定サービス「Brand Impact Scope」をバージョンアップし、サンプルサイズと計...