IT製品/サービスの導入・購買を支援する - TechTargetジャパン

Top Story

icon
既存ハードを生かしてソフト開発で強化

新iPhone登場まで待てない、スマートフォンに“次の驚き”をもたらす6つの進化

スマートフォンの次の驚きに寄与するのは、既存ハードウェアと革新的なソフトウェアの融合――。米Amazonの新スマートフォンや米Googleの“レゴフォン”を分析し、スマートフォンの今後を予測する。

(2014/07/21)

新着記事

news04.jpg
端末の価格は数百ドルだが、データには数百万ドルの価値

従業員が半年でタブレット5台を紛失、そのとき企業はどう対処する?

企業導入が進むタブレット。調査によると、多くの企業はまだ場当たり的な対応しかできていない。端末の紛失・盗難など数多くのリスクが潜む。企業の機密情報を守るには、適切なモバイルデバイス戦略が必要だ。

(2014/07/18)
news07.jpg
Microsoftが本気で挑むクロスプラットフォーム戦略

99ドルの格安Windowsタブレットで“帝国の逆襲”となるか

Microsoftは、これまでもWindowsを中心に据えた戦略から、モバイルデバイスを含めたクロスプラットフォーム戦略へと大きく転換を図っている。その姿勢は、ますます鮮明になってきた。

(2014/07/17)
news06.jpg
オフィス外に拡張する802.11ac

「どこでもギガビット無線LAN接続」、最初のユーザーは誰?

米Extreme Networksは同社の無線LAN製品「IdentiFi」にIEEE 802.11ac対応の屋外用Wi-Fiアクセスポイントを追加。オフィスの外でもギガビットレベルのWi-Fi速度が実現できるようになった。

(2014/07/17)
news03.jpg
近畿大学附属高等学校が進めるIT活用の今【後編】

生徒が喜ぶITは“大人の妄想”では作れない――近大附属高がシステム開発に挑む訳

学習機関向けポータルを共同開発するなど、主体的なIT活用を進める近畿大学附属高等学校。「iPad」や「BYOD」を選んだ理由を含め、同校のIT活用の経緯を聞いた。

(2014/07/16)
news06.gif
押さえておきたい重要キーワード

スマートフォン&タブレット、これから起こることを予測する

スマートフォンとタブレットが急速に普及し、われわれの生活や仕事の仕方は大きく変わった。この業界では今後どのようなことが起こるのだろうか。重要なキーワードを挙げる。

(2014/07/16)
news04.jpg
企業向け機能を強化するGoogleとApple

「Android L」「iOS 8」に見る、ビジネスユーザーの心をつかむ機能とは

GoogleとAppleは、次期モバイルOS「Android L」「iOS 8」において、企業向け機能を強化している。主に消費者向け製品として端を発した両OSは今、企業向けのITへとかじを切り始めている。

(2014/07/10)

私物スマートフォンの業務利用「BYOD」

BYODは国内で普及するか(前編)

私物スマートフォンを業務利用させる前に検討すべき3つの項目

私物端末の業務利用「BYOD」は国内で本当に普及するのか。BYOD採用に踏み切るために必要な対策は何か。前編はBYODの国内採用が進まない理由と、採用時に検討すべき項目を示す。

BYODは国内で普及するか(後編)

私物スマートフォン業務利用の効果を引き出す製品のトレンド

私物端末の業務利用「BYOD」は国内で本当に普及するのか。BYOD採用に踏み切るために必要な対策は何か。後編は、BYOD採用を支援する製品の動向や採用効果を引き出すポイントを解説する。

ポリシーの「策定」だけでは不十分

私物スマートフォンの安全性確保には「ポリシーの強制」が不可欠

私物端末の業務利用を進めるに当たってセキュリティポリシーの策定が重要であるのは確かだ。だがポリシーの策定だけでは脅威を払拭できない。

セキュリティベンダーが語るモバイル戦略:シマンテック編

私物スマートフォン導入の壁、Jailbreakやroot化をどう防ぐか

個人所有のスマートフォンを業務利用させる際、課題となるのがJailbreakやroot化された端末の存在だ。シマンテックは対策の第一歩として、端末の利用実態の見える化が重要だと指摘する。

対応端末の不足が普及を妨げるとの声も

スマートフォン仮想化は私物端末管理の特効薬となるか

1台のスマートフォンで複数の環境を切り替えて利用することができる「モバイル仮想化」。私物端末の管理に役立つという評価がある一方で、対応端末の少なさが普及のネックとなるという声もある。

Windows 8タブレットはiPadに勝てるのか?

タブレット市場の覇権を狙うWindows 8【前編】

Windows 8タブレットが“iPadキラー”になり得る理由

Windows 8の豊富な機能や特徴、ハードウェアベンダーの盛り上がりは、Windows 8タブレットがiPadの牙城を崩す原動力となる。

タブレット市場の覇権を狙うWindows 8【後編】

Windows 8タブレットが“iPadキラー”になるために越えるべき3つの壁

Windows 8タブレットは本当にiPadの牙城を崩せるのか。後編は、Windows 8タブレット普及に当たっての課題を示す。

Microsoftは企業向けタブレット市場に切り込めるか

Windows 8搭載タブレットがiPadに対抗できない理由

Microsoftが情報を出し渋るWindows 8搭載タブレットはiPadの対抗馬となるのか? Windowsならではの課題と共にその可能性を探る。

結局、“iPadでいいじゃないか”

Windows 8タブレットが成功しない2つの理由

Windows 8タブレットは当初、豊富なソフトウェア資産とActive Directoryによる管理性により“iPadキラー”になると目されていた。だが、ARM版のWindows 8タブレットの情報が増えるのに従って失望の声も高まっている。

LANへの安全なアクセスを実現「スマートフォンVPNサービス」

社内情報のセキュアな利用を手軽に実現

導入効果を知る! スマートフォンVPNサービス

スマートフォンやタブレットから社内情報を安全に利用するのに役立つ「スマートフォンVPNサービス」。その導入効果や最新動向を解説する。

月額料金の最安値は1ユーザー当たり980円

Android向けスマートフォンVPNサービスのコストを比較する

スマートフォンからLANへの安全なアクセスを可能にする「スマートフォンVPNサービス」。本稿は、Android向けのスマートフォンVPNサービスのコストを比較する。

1ユーザー月額315円のサービスも

iPhone/iPad向けスマートフォンVPNサービスのコストを比較する

スマートフォンからLANへの安全なアクセスを可能にする「スマートフォンVPNサービス」。本稿は、iPhone/iPad向けのスマートフォンVPNサービスのコストを比較する。

通話コストを大幅削減「スマートフォンIP電話サービス」

米国への国際電話が1分3円から

導入効果を知る! スマートフォンIP電話サービス

通話料金の大幅削減がウリのスマートフォンIP電話サービス。その導入効果や課題を検証する。

携帯電話料金との比較も用意

スマートフォンIP電話サービスのコストを比較する

どのサービスが一番安いのか。携帯電話と比べた場合のコスト削減効果は。本稿は、スマートフォンIP電話サービスのコストを比較する。

Loading

注目テーマ