IT製品/サービスの導入・購買を支援する - TechTargetジャパン

Top Story

icon
5つのセキュリティ課題を整理

「Android」がいまだに敬遠される最大の理由

Android端末の企業導入のハードルとなってきたセキュリティ問題。最近は関連製品の充実で現実的な解決策も見えつつある。Androidセキュリティの現状を5つの視点から整理する。

(2016/02/05)

新着記事

news06.jpg
慎重にパッチ適用の検討を

Android端末の66%に影響? Linuxカーネルの脆弱性で割れる意見

Linuxカーネルのキーリング機構に関する脆弱(ぜいじゃく)性が新たに見つかり話題になっている。しかし、Linuxエコシステムにとっての危険性について専門家の意見は割れている。

(2016/02/04)
news05.jpg
完全なデスクトップ体験を再現

Windows 10スマホをPCとして利用、「Continuum」が楽しみな理由とは

「Microsoft Remote Desktop」アプリを使えば、Windows 10の新機能「Continuum」をサポートするWindows 10 Mobile搭載スマートフォンをPCとして機能させ、モバイルユーザーの生産性を大いに高めることができそうだ。

(2016/02/04)
news03.jpg
2015年の“外れ予想”を振り返る

「Windows 10」が好調なせいで“Microsoft DaaS”の登場が遅れた?

2015年には、DaaSに大きなニュースがあるはずだと予測した筆者。そのニュースの正体である、「“Microsoft DaaS”の登場」という予想は外れた。その原因は何だったのか。

(2016/02/02)
news11.jpg
時には強気の価格交渉も必要

“信頼できるパートナー”になれるモバイル管理プロバイダーを選ぶヒント

エンタープライズモバイル管理(EMM)プロバイダー選びは、配偶者を選ぶようなものだ。信頼できるかの確証を得てから堅実に決めたいところ。技術動向の変化や、顧客の要望に柔軟に対応できるかどうかが鍵だ。

(2016/02/01)
news05.jpg
「プロファイルマネージャ」「Apple Configurator」の基礎

iPhone、iPadはこうして管理される そう、Appleのツールならね

Appleはモバイル端末管理を同社の端末に組み込む一方で、IT管理者が従業員の端末をきめ細かく管理するのに役立つ「プロファイルマネージャ」や「Configurator」といったツールも提供している。

(2016/01/31)

私物スマートフォンの業務利用「BYOD」

BYODは国内で普及するか(前編)

私物スマートフォンを業務利用させる前に検討すべき3つの項目

私物端末の業務利用「BYOD」は国内で本当に普及するのか。BYOD採用に踏み切るために必要な対策は何か。前編はBYODの国内採用が進まない理由と、採用時に検討すべき項目を示す。

BYODは国内で普及するか(後編)

私物スマートフォン業務利用の効果を引き出す製品のトレンド

私物端末の業務利用「BYOD」は国内で本当に普及するのか。BYOD採用に踏み切るために必要な対策は何か。後編は、BYOD採用を支援する製品の動向や採用効果を引き出すポイントを解説する。

ポリシーの「策定」だけでは不十分

私物スマートフォンの安全性確保には「ポリシーの強制」が不可欠

私物端末の業務利用を進めるに当たってセキュリティポリシーの策定が重要であるのは確かだ。だがポリシーの策定だけでは脅威を払拭できない。

セキュリティベンダーが語るモバイル戦略:シマンテック編

私物スマートフォン導入の壁、Jailbreakやroot化をどう防ぐか

個人所有のスマートフォンを業務利用させる際、課題となるのがJailbreakやroot化された端末の存在だ。シマンテックは対策の第一歩として、端末の利用実態の見える化が重要だと指摘する。

対応端末の不足が普及を妨げるとの声も

スマートフォン仮想化は私物端末管理の特効薬となるか

1台のスマートフォンで複数の環境を切り替えて利用することができる「モバイル仮想化」。私物端末の管理に役立つという評価がある一方で、対応端末の少なさが普及のネックとなるという声もある。

Windows 8タブレットはiPadに勝てるのか?

タブレット市場の覇権を狙うWindows 8【前編】

Windows 8タブレットが“iPadキラー”になり得る理由

Windows 8の豊富な機能や特徴、ハードウェアベンダーの盛り上がりは、Windows 8タブレットがiPadの牙城を崩す原動力となる。

タブレット市場の覇権を狙うWindows 8【後編】

Windows 8タブレットが“iPadキラー”になるために越えるべき3つの壁

Windows 8タブレットは本当にiPadの牙城を崩せるのか。後編は、Windows 8タブレット普及に当たっての課題を示す。

Microsoftは企業向けタブレット市場に切り込めるか

Windows 8搭載タブレットがiPadに対抗できない理由

Microsoftが情報を出し渋るWindows 8搭載タブレットはiPadの対抗馬となるのか? Windowsならではの課題と共にその可能性を探る。

結局、“iPadでいいじゃないか”

Windows 8タブレットが成功しない2つの理由

Windows 8タブレットは当初、豊富なソフトウェア資産とActive Directoryによる管理性により“iPadキラー”になると目されていた。だが、ARM版のWindows 8タブレットの情報が増えるのに従って失望の声も高まっている。

LANへの安全なアクセスを実現「スマートフォンVPNサービス」

社内情報のセキュアな利用を手軽に実現

導入効果を知る! スマートフォンVPNサービス

スマートフォンやタブレットから社内情報を安全に利用するのに役立つ「スマートフォンVPNサービス」。その導入効果や最新動向を解説する。

月額料金の最安値は1ユーザー当たり980円

Android向けスマートフォンVPNサービスのコストを比較する

スマートフォンからLANへの安全なアクセスを可能にする「スマートフォンVPNサービス」。本稿は、Android向けのスマートフォンVPNサービスのコストを比較する。

1ユーザー月額315円のサービスも

iPhone/iPad向けスマートフォンVPNサービスのコストを比較する

スマートフォンからLANへの安全なアクセスを可能にする「スマートフォンVPNサービス」。本稿は、iPhone/iPad向けのスマートフォンVPNサービスのコストを比較する。

通話コストを大幅削減「スマートフォンIP電話サービス」

米国への国際電話が1分3円から

導入効果を知る! スマートフォンIP電話サービス

通話料金の大幅削減がウリのスマートフォンIP電話サービス。その導入効果や課題を検証する。

携帯電話料金との比較も用意

スマートフォンIP電話サービスのコストを比較する

どのサービスが一番安いのか。携帯電話と比べた場合のコスト削減効果は。本稿は、スマートフォンIP電話サービスのコストを比較する。

Loading

注目テーマ