2009年06月03日 09時00分 UPDATE
ニュース

NEWSブロケード、旧ファウンドリー製LANスイッチ3製品を発表

負荷分散、エッジ向けなど、買収したファウンドリーネットワークスのLANスイッチ新製品を第3四半期にリリースする。スループットや省電力の面で製品力を向上させた。

[堀見誠司,TechTargetジャパン]

 ブロケード コミュニケーションズ システムズ(以下、ブロケード)は6月2日、企業/サービスプロバイダー向けイーサネットスイッチ3製品を発表した。同社が2008年末に買収したファウンドリーネットワークス(Foundry Networks)のIPネットワーク機器をブロケードブランドとして国内販売する初の製品となる。ファウンドリーの既存製品よりも性能・機能強化を図り、40G/100Gbpsクラスのネットワークインフラ広帯域化のニーズに応える。

画像 Brocade ServerIron ADXシリーズ

 「Brocade TurboIron 24X」は10Gbpsイーサネット(10GbE)SFP+を24ポート備えるアグリゲーション用途のボックス型スイッチ。カットスルー方式のレイヤー2スイッチで、ポート当たりの消費電力を削減した。トラフィック監視プロトコルのsFlowをサポートする。参考価格は240万円から。

 「Brocade ServerIron ADXシリーズ」はISP用途のアプリケーションスイッチ群。シャーシ型のモデルはスイッチング容量320Gbpsのファブリックを持ち、70Gbpsのデータ転送、毎秒1400万のDNSクエリを処理することが可能。価格性能比を売りにしており、レイヤー7のスループット当たりのコストを競合他社製品の約3分の1に抑えたとしている。負荷分散機能として広域サーバ負荷分散(GSLB)、ファイアウォール負荷分散(FWLB)に対応する。参考価格は400万円台後半。

 「Brocade FastIron CX」は24または48ポートを装備する1RUサイズのエッジ向けGbEスイッチ。最大8台までをスタックして1台の論理スイッチとして利用することができる。IEEE 802.11n対応アクセスポイントや多機能IP電話の接続用に、より大きな給電(最大30ワット)が可能な新規格IEEE 802.3at Draft3.3準拠のPoE+(Power over Ethernet Plus)に対応したのが特徴。標準で一部のルーティング機能(OSPFルーティング)をサポートする。参考価格は100万円から。

 3製品は2009年第3四半期中に出荷予定。ブロケードではこれに先駆けて6月10日より開催される「Interop Tokyo 2009」展示会に出展する。

関連ホワイトペーパー

負荷分散 | ギガビットイーサネット | IEEE | IP電話 | ISP


この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

この記事を読んだ人にお薦めのホワイトペーパー

Loading

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news077.jpg

電通が学生と企業の共創プロジェクト「βutterfly」を開発、企業向けにスポンサードプランを提供
電通は、顧客企業と学生の協働型プロジェクト「βutterfly」を開始すると発表した。β版...

news040.jpg

「インバウンド」で注目される浅草、訪日外国人観光客で賑わう理由とは?
口コミ時代のWebとソーシャルメディアは最大の武器。最小限の手間で最大の効果を発揮する...

news103.png

オムニバス、「セゾンDMP」を活用したターゲティング広告を提供
クレディセゾンの100%子会社オムニバスは、クレディセゾンが保有するクレジットカードの...