2009年10月28日 08時00分 UPDATE
特集/連載

仮想化環境の性能を向上させるコツ仮想マシンのパフォーマンスを損なう4つのイージーミス

ほんのちょっとした設定ミスが、仮想化環境における仮想マシンのパフォーマンスを大きく低下させることがある。本稿ではそうした設定ミスと、その対処法について解説する。

[Greg Shields,TechTarget]

 イージーミスは高くつく。仮想化環境では多くの場合、ちょっとしたイージーミスが深刻なパフォーマンス問題を引き起こしてしまうのだ。そこで以下では、わたしがコンサルティングを行う中で見てきたこうした重大なミスを幾つか紹介しよう。中には、分かりきっていると思われるものもあるかもしれない。だが、あなたの会社の設定をチェックしてみていただきたい。その結果に驚くことになるかもしれない。

1. 仮想マシンのスクリーンセーバ

 スクリーンセーバは、オフィスの受付にあるデスクトップPCには必要不可欠だ。スクリーンセーバのおかげで、ユーザーがコンピュータから離れている間に画面がのぞき見される心配がない。また、スクリーンセーバはデータセンターでもコンピュータを保護してくれる。サーバで数分間操作が行われず、スクリーンセーバが起動してコンソールをロックすると、その環境は物理的にアクセスできる侵入者がいても保護される。

 しかしスクリーンセーバは、プロセッサリソースを少量ながら使用する。スクリーンセーバは重要な機能には見えないとしても、画面中をはい回るパイプを描画したり、お気に入りの企業スローガンをスクロール表示するために、プロセッサパワー全体の数%が消費される。大した消費量ではないと思うかもしれないが、統合型の仮想環境では1台の物理サーバ上で10〜15台の仮想マシン(VM)が動作する場合がある。その場合、数%にVMの台数を掛けた割合のプロセッサパワーが使われることになる。しかも、会社の環境で仮想デスクトップを導入し、ホスティング型デスクトップを利用していると、さらにコストがかさむだろう。

 従って、スクリーンセーバは無効にするべきだ。多くの環境ではグループポリシーでスクリーンセーバを強制しているため、スクリーンセーバを無効にするには、既存のグループ・企業セキュリティポリシーからスクリーンセーバを削除することが必要かもしれない。

2. コンソールからの管理

 このミスは最も悩ましい問題の1つだ。IT管理者に広く見られるからだ。あなたはインフラコンポーネントの管理を個々のサーバにリモートログインして行っているだろうか。ExchangeサーバからExchange Management Consoleを実行しているだろうか。DNS(ドメインネームサーバ)設定のチェックをサーバコンソールから行っているだろうか。ドメインコントローラーにリモートでログオンしてActive Directoryを管理しているだろうか。

 もしそうなら、これらのやり方はやめなければならない。

関連ホワイトペーパー

運用管理 | Windows Server 2008 | サーバ | 仮想化 | Active Directory


この記事を読んだ人にお薦めのホワイトペーパー

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

Loading

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news028.jpg

「スマホ世代」ってどの世代? スマートフォン利用者5500万人時代のリアル
国内のスマートフォン利用人口増をけん引しているのはどの世代? 10代はスマートフォン...

news147.gif

富士通がタグマネジメントのTealiumとデジタルマーケティング事業で協業
富士通はタグマネジメント事業大手のTealiumとデジタルマーケティング事業で協業すること...

news115.jpg

Salesforce.comが人工知能を活用したECプラットフォームを提供開始
Salesforce.comは「Salesforce Commerce Cloud」を提供することを発表した。Commerce Clo...