2011年07月10日 00時00分 UPDATE
連載ミドル

市場動向を探る

国内・海外企業でのスマートフォン、タブレット活用動向に関する記事を集めた。

[TechTargetジャパン]

記事一覧

タブレットが企業に本格進出の兆し

メイン用途はWeb閲覧? 米調査の企業58%が1年以内にタブレットを導入予定

米TechTargetが実施した会員調査によると、多数の企業がタブレットやスマートフォンへの投資を検討。将来的にノートPCを代替する端末として、信頼性の高いビジネスアプリを求めている。


米調査に見るIT部門の課題と投資傾向

IT投資はタブレット/スマートフォン、モバイルセキュリティに集中……しかし?

米TechTargetが実施した会員調査によると、IT部門の投資分野は「タブレット」「スマートフォン」「モバイルセキュリティ」の3点に集中している。各結果に対し、専門家がコメントを寄せた。


2011年上半期のセキュリティ動向

Androidユーザーの3分の1はWeb脅威に遭遇 マルウェア感染率は2.5倍

Lookoutが発表した2011年上半期のセキュリティ動向報告書によると、Android端末を狙うマルウェアが増加しており、感染手口も巧妙化しているという。


攻撃者の興味はモバイルにシフトか?

端末内データを勝手に転送──悪質化するAndroid狙いのマルウェア

米Lookout Mobile SecurityとFortinetはそれぞれ、Android端末を標的とした新しい亜種を発見した。徐々に巧妙・悪質化するAndroid狙いの攻撃に対し、ユーザーはどう立ち向かえるか。


その場しのぎの対応がタブレット導入の命取りに

5000人の企業で年750台紛失!? タブレット紛失時のリアルな損害額

数年前のPCと同等の処理性能・メモリ容量を持つタブレットやスマートフォンが企業で使われ始めている。該当する企業は、早期にモバイル端末戦略を策定すべきだ。


利用OSとアプリケーションに傾向も

米調査が示す、数年で急加速する企業のモバイル導入率

米TechTargetの年次調査によると、一般消費者市場と同様に企業でもモバイル端末の利用が加速している。その推進力は「生産性」と「柔軟性」だ。


「企業のスマートデバイス利用」に関するアンケート調査リポート

44.6%の企業はスマートデバイス導入も、「端末の紛失・盗難」に不安

2011年6月に実施した調査から、TechTargetジャパン会員のスマートデバイス利用状況を紹介する。


各ユーザーのセキュリティ意識の甘さが露呈に

企業の4割、スマートフォンの紛失・盗難を経験

モバイル端末のセキュリティポリシーを定めている企業が多いにもかかわらず、課題が絶えないのはなぜか。米McAfeeらが調査した企業のモバイル端末利用実態から、その原因が見えてきた。


タブレット端末の49%は経営幹部クラスが購入

「戦略後回しで取りあえずiPad導入」──米企業のタブレット導入動向調査

米国の企業経営者とIT専門家448人を対象とした調査から、タブレット端末導入の意外な実態が判明した。なし崩しに進む導入に、IT部門の困惑の声も聞こえてきた。


ユニファイドコミュニケーション市場リポート

「タブレットでWeb会議」に見るモバイルユニファイドコミュニケーションの成長性

iPadの登場とともに再び活発化したタブレット端末市場。業務で利用される事例も増えている。タブレットをコミュニケーションのツールとして捉えた場合の可能性を探ってみよう。


Windows、Androidは企業利用でiPadに追い付けるか Part1

「iPad以外」が企業に食い込む可能性は?

企業ユースで先行するAppleのiPadをめぐり、Windows、Android搭載タブレットの各陣営が攻勢を仕掛けようとしている。しかし、「全社規模でのiPad本格導入には時間がかかる」とする向きも少なくない。


2011年にIT業界が注目すべき5大トレンド(前編)

企業が注視するタブレット、ソーシャルメディアの潜在力

タブレットやソーシャルメディアなど、企業が2011年に押さえておくべき5つのITトレンドを紹介する。


企業のモバイル端末活用とセキュリティ課題に関するアンケート調査リポート

モバイル端末用のセキュリティ製品、導入率が高いのは?

企業でのiPhoneやiPadなどのモバイル端末活用状況とそれに伴うセキュリティ課題、導入予定の製品についてTechTargetジャパン会員に聞いた。


Loading