2011年11月22日 20時27分 UPDATE
連載ミドル

クラウドガバナンス現在進行形

利用者が預けたデータは利用者のものといえるのか? クラウドを利用する企業が気を付けるべきデータアウトソースの問題とは。セキュリティやSLA、コスト、データ連携、各国の法律事情など、クラウド導入の要となるクラウド利用阻害要因を考える。

[ITmedia]

記事一覧

クラウドガバナンス現在進行形【番外編1】

エンドユーザーによるクラウド設備実査要求は百害あって一利なし

クラウドキャリアに要求されるディペンダブル設計、クラウドブローカーに適したロバスト設計、今後普及が期待されるレジリエンス設計を解説するとともに、クラウドにおける本質的な安全確保の方法を再考する。


クラウドガバナンス現在進行形【第7回】

クラウドのベンダーロックインを回避するための処方せん

クラウドガバナンス現在進行形の最終回。今回は企業のIT戦略の観点からベンダーロックインに焦点を当て、クラウド事業者選定に当たって留意すべきポイントを解説する。


クラウドガバナンス現在進行形【第6回】

クラウド事業者がサービスを中止する5つのケース

契約しているクラウド事業者が、犯罪行為や経営状況などの事情で利用者にサービス提供できなくなった場合について考える。


クラウドガバナンス現在進行形【第5回】

クラウドの応答性能とサポート品質を客観的に比較するには

クラウドの利用に当たって、多くの企業利用者が応答性能とサポートに不安を抱いている。本稿では、応答性能とサポート品質を正しく把握する方法について検討する。


クラウドガバナンス現在進行形【第4回・後編】

クラウドが直面する各国の法制度 〜パトリオット法の影響とは?

パブリックおよびハイブリッドクラウドを実現した際に、必ず直面する世界の法制度問題。日本と同等または個人情報保護体制がより整備されていそうな国・地域を絞るとともに、パトリオット法が与える影響を考えた。


クラウドガバナンス現在進行形【第4回・前編】

クラウドはオンプレミスとデータ連携ができる? どうなる連携コスト

ハイブリッドクラウドの実現に向け、技術的・法的課題は何か。前編では、オンプレミスとクラウドのデータ連携についての課題や技術的構造を整理してみよう。


クラウドガバナンス現在進行形【第3回】

クラウドは安全か? 事業者との責任分界点、注目すべき安全基準とはか

「クラウドはオンプレミスに比べて安全ではない」は本当か? そもそも「安全」とは何か、そしてクラウド利用における利用者と事業者の責任分界点、事業者の安全基準を測るポイントを解説する。


クラウドガバナンス現在進行形【第2回】

クラウドは本当にコストダウンになるのか

オンプレミスシステムと比較してクラウドは本当にコストダウンになるのか。両者を単位能力当たりの費用で比較した。


クラウドガバナンス現在進行形【第1回】

“オレオレクラウド”にはこりごり、クラウドの本質を知る

ベンダー独自の“オレオレクラウド論”が横行している。企業利用者の多くはこれに懐疑的だ。本稿ではクラウドの本質を理解すべく、従来のホスティングサービスとの違い、NISTによるクラウドの定義を解説する。