2012年08月24日 18時30分 UPDATE
特集/連載

各社のWindows RTタブレット発売日は?米Microsoft、Windows RTタブレットの一部詳細を公開

米MicrosoftがブログでASUS、Lenovo、Samsung、DellのWindows RTタブレット計画を発表。「Surface」「ASUS Tablet 600」に続く製品は?

[Valerie Sarnataro,TechTarget]

 米Microsoftは最近、Windows 8のRTM(製造工程向けリリース)についてのブログ記事を投稿し、このRTMにはWindows RTが含まれていること、さらに米NVIDIA、米Qualcomm、米Texas Instruments(TI)のARMチップを採用したWindows RT搭載タブレットを製造するメーカーを明らかにした。

Windows RT Windows RT

 Microsoftのエコシステム&プランニングチーム担当副社長、マイク・アンギウロ氏が執筆したこの記事によると、Microsoftだけでなく、台湾ASUS、米Dell、中国Lenovo、韓国SamsungもWindows RT搭載タブレットを提供するという。

 アンギウロ氏によると、ASUSやLenovoなどのOEMは提供予定のWindowsタブレットの仕様を既に発表しているというが、SamsungやDellは仕様について基本的に口を閉ざしている。

 ただし、同記事では、DellのPC製品部門担当副社長のサム・バード氏の発言として、「DellのWindows RTタブレットでは最新のエコシステムから生まれたさまざまな機能を採用し、ビジネスシーンでも家庭でもできることが今まで以上に広がる」という趣旨のコメントを紹介している。また、SamsungがWindows 8搭載のSeries 7 Slateを開発中であることも指摘している。

 これより前には、ASUSがクアッドコアCPUのNVIDIA Tegra 3と12コアのGPUを搭載するWindows RTタブレットの「ASUS Tablet 600」を発表している。ASUS Tablet 600には、タブレットを接続できる外付けキーボードが付属し、ノートPCのように使用できる。ほとんどのWindows RT搭載タブレットは、このキーボード付属モデルが一般的になるようだ。

Windows RTタブレットのハードウェアオプション

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news065.jpg

サイバー・バズ がインフルエンサーコマース事業を開始
サイバー・バズは、SNSで影響力を持つ人気のインフルエンサーが愛用品やおすすめ商品をピ...

news128.jpg

トライバルメディアハウスがPinterestと協働プロジェクトを開始
トライバルメディアハウスは、ピンタレスト・ジャパンと協働でプロジェクトを進めること...

news109.jpg

「リードが足りない」の解消へ、toBeマーケティングとWEICが「MAPlus NIKITA」を提供
toBeマーケティングとWEICは、戦略的業務提携を行い、MA運用におけるリード数不足を解決...