2012年10月15日 08時00分 UPDATE
特集/連載

“Metroスタイル”にユーザーの混乱必至知らないと後悔するWindows 8アプリのUIと互換性、6つのポイント

Windows 8が一般に公開され、多くの組織が真剣に評価を始めている。Windows 8と従来バージョンの最大の違いは、2012年8月初めまで「Metroインタフェース」と呼ばれていた新しいアプリケーション環境だ。

[Jonathan Hassell,TechTarget]

 デスクトップにインストールするWindows 8アプリのユーザーエクスペリエンスとアプリケーションの互換性について、IT管理者が把握しておかなければならないことが幾つかある。ここでは、評価に際して注目すべきポイントを挙げる。

1.Windows 8アプリは全画面表示により、1つの作業に集中することを重視した環境になる

 従来のWindowsに慣れており、全画面表示でアプリケーションを使う習慣がないユーザーは特に戸惑うだろう。アプリ間の切り替え方法もこれまでとは少し異なる。従来のように何でもマウスで操作できるスタイルではないため、ユーザーにはトレーニングが必要だ。

 例えば、MetroのWindowsメールでは、アイテムのドラッグ&ドロップがサポートされない。Metroスタイルのアプリでは、今までと同様に右クリックでコンテキストメニューが表示される場合もあるが、画面の1割程度の大きさのボタンが並ぶ小さいタッチ式のオプションパネルが表示され、その中からマウスでオプションを選ぶ方法が採用されている場合もある。Metroはタッチ操作が主で、キーボードやマウスによる操作は二の次であるのは明らかだ。これだけは誰が何と言おうとはっきりしている。

2.Windows 8アプリは、基本的にMicrosoftが運営するWindowsストアから読み込まれる

 Windowsストアは、Apple StoreやiTunes App Storeのように、Metroスタイルアプリの拠点になる。無料アプリも提供されるが、開発者がWindowsストアでMetroスタイルアプリを販売することもできる。

 一方、MetroスタイルのアプリをWindows 8の他のエディションにサイドロードする、つまりWindowsストアを通さずにアプリをインストールすることは禁止されている。作成したアプリケーションをWindowsストアにアップロードせず、ユーザーのマシンにインストールした後でMicrosoftの承認を受けたい場合は、「Windows 8 Enterprise」がデスクトップにインストールされている必要がある。

 なお、グループポリシーを使ってWindowsストアへのアクセスを無効にすることもできる。また、大容量のUSBメモリから会社が承認した完全なデスクトップイメージを実行できる「Windows to Go」(USBからブートとOS実行を可能にするWindows 8 Enterpriseの新機能)を使う場合、Windows to GoからWindowsストアへのアクセスはデフォルトでブロックされるので注意したい。

3.従来のOffice 2003、2007、2010アプリケーションは、Metroスタイルではない

 基幹業務アプリケーションも含めて、Windows 8アプリとして作成されたMetroスタイルアプリと従来のデスクトップ向けのOfficeスイート間の切り替えに、ユーザーは最初混乱するかもしれない。

この記事を読んだ人にお薦めのホワイトペーパー

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

Loading

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news157.jpg

「オウンドメディアは動画」 企業の4割が重視、でもユーザーは?
魅力的な企業Webサイトのポイントから最近人気の「ちょい飲み」、シニア世代の意識の変化...

news109.jpg

データアーティストが「DLPO Ai」と「DLPO DMP」をリリース
データアーティストはディープラーニングとワードエンベディングの技術を用いた「DLPO DM...

news147.jpg

マイクロアド関連会社、上海発の訪日クルーズ船内で日本の商品を販促
マイクロアド・インバウンド・マーケティングは中国の訪日クルーズ船と提携し、上海から...