2013年05月17日 08時00分 UPDATE
特集/連載

基幹DBも含めて社内システムを全面仮想化へ【事例】NTTデータがSIerの威信をかけて構築した先進クラウド基盤

NTTデータは2013年5月に足がけ4年に及ぶ長期プロジェクトを完了させ、社内システムを全面的にプライベートクラウド上に移行する。SIerらしく顧客に向けたソリューションモデルともなる効率的な基盤だ。

[石田 己津人]

 社内システムをプライベートクラウドへ移行する場合、稼働後の“変化対応”も念頭に置いて基盤を設計しなければならない。その参考にNTTデータの社内導入事例を紹介する。同社がEMCジャパンのセミナー(関連記事:【事例】日通のカルチャーを変えた、クラウドを支える仮想化共通基盤)で講演した内容に加えて、筆者が独自インタビューを行った。

 周知の通り、NTTデータは国内最大手のシステムインテグレーターである。連結で従業員5万9000人、売上高1兆2500億円だ。その業務を支える社内システムは当然、規模が大きく、業務システムの数も100を超える。従来はサーバも大型UNIX機が中心だった。

tt_aa_nttdsano.jpg NTTデータ ITマネジメント室 システム開発担当 課長 佐野祥一朗氏

 その社内システムのインフラ刷新は2009年に始まった。2011年5月にクラウド環境「社内システム共通基盤」をカットオーバーし、既存システムを段階的に共通基盤へ乗せ換え、2013年5月のプロジェクト完了をもって社内システム全体をクラウド上で稼働させる。

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

この記事を読んだ人にお薦めのホワイトペーパー

Loading

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news002.jpg

ユーザーと共に作る広告、期待と課題は? JIMOS担当者と語る
UGC(ユーザー生成コンテンツ)を広告に活用している企業ではどのような効果や課題を感じ...

news095.png

フロムスクラッチ、「b→dash」にGUIで自由にデータマートを作成できる新機能を追加
フロムスクラッチは、マーケティングプラットフォーム「b→dash」において、データウェア...

news077.jpg

電通が学生と企業の共創プロジェクト「βutterfly」を開発、企業向けにスポンサードプランを提供
電通は、顧客企業と学生の協働型プロジェクト「βutterfly」を開始すると発表した。β版...