2013年11月18日 08時00分 UPDATE
特集/連載

機能も価格もSurfaceと酷似「Surface競合タブレット」をNokiaが発表、買収するMicrosoftの胸中は

「Surface 2/Pro 2」の投入で市場シェア拡大を目指すMicrosoft。一方、同社が買収するNokiaの携帯端末部門も、Surfaceの競合とも取れるタブレットを発表。両者の思惑とは?

[Diana Hwang,TechTarget]

 2013年10月、米MicrosoftとフィンランドのNokia、米Appleが、私物端末を仕事でもプライベートでも使う購入者をターゲットにした新製品をそろって販売開始し、タブレット戦争がヒートアップしている。

 Microsoftは、米国内の10都市で深夜のローンチイベントを開催。新しい「Surface 2」と「Surface Pro 2」をお披露目した。ボストンで開催されたこのローンチイベントに参加したビジネスユーザーは、新しいSurfaceBYOD(私物端末の業務利用)用に購入すべきかどうか吟味していた。

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news128.jpg

トライバルメディアハウスがPinterestと協働プロジェクトを開始
トライバルメディアハウスは、ピンタレスト・ジャパンと協働でプロジェクトを進めること...

news109.jpg

「リードが足りない」の解消へ、toBeマーケティングとWEICが「MAPlus NIKITA」を提供
toBeマーケティングとWEICは、戦略的業務提携を行い、MA運用におけるリード数不足を解決...

news143.jpg

読売新聞社がコンテンツマーケティング事業に参入、「YOMIURI BRAND STUDIO」を設立
読売新聞社は企業のコンテンツマーケティングを支援するため「YOMIURI BRAND STUDIO」を...