2015年01月21日 15時00分 UPDATE
特集/連載

サポートやエコシステムが拡大2015年は「Docker」のビジネス利用が増加? 注目技術の近未来を予測する

「Docker」のコンテナとエコシステムは2014年に大幅な成長を遂げた。だが、2015年に企業で大幅な導入が見られる可能性は低い。

[Trevor Jones,TechTarget]
ik_tt_docker01.jpg

 2014年、あらゆる規模の企業の意識は「Docker」に向けられていた。オープンソースのコンテナテクノロジーであるDockerとそのエコシステムが拡大していることで、業界はDockerのポテンシャルに目がくらんでいる。だが、2015年に企業での大幅な導入には期待しないのが賢明だ。

 2014年にはLinuxアプリケーションをコンテナ化するプラットフォームであるDockerと同時に、さまざまなエコシステムが急速に誕生した。数社の小さな新興企業は、システムのギャップをビジネスチャンスに変えようと取り組んでいる。また、大手/中堅のパブリッククラウドベンダーもDockerとの互換性を確保しているようだ。このようなベンダーには、米Microsoftや仮想化業界最大手の米VMwareなど非Linuxベンダーも含まれる。これは、コンテナによって最も失うものが多い状況だという見方をしている専門家もいる。

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news051.jpg

「SATORI」が機能アップデート、シナリオ機能を強化
SATORIはマーケティングオートメーションツール「SATORI」の機能アップデートを発表した。

news012.jpg

AIで社会課題を抽出して国会議員に届けてみた結果――東大・電通PR・ホットリンク調べ
国会議員の政策策定にもAIを活用する日がくるかもしれません。

news028.jpg

電通が分類する30の「メディアライフスタイル」はなぜ生まれたのか、ここから何が見えてくるのか
電通メディアイノベーションラボが類型化する30の「メディアライフスタイル」。これによ...