2016年02月05日 15時30分 UPDATE
特集/連載

最新記事ランキングから編集部お勧め記事を紹介クラウドのダウンタイム問題を考える

クラウドサービス提供側が障害を起こさないように念入りな対策を実施しても、サービスダウンが起こらないとは言い切れません。最新記事ランキングから編集部のお勧め記事を紹介します。

[TechTargetジャパン]

クラウドのダウンタイム問題を考える

phot CloudHarmonyのWebサイト(出典:CloudHarmony)《クリックで拡大》

 編集部お勧めの記事は、3位「2015年の主要クラウド稼働率調査――トップはAWS、最下位は?」です。この記事では、パブリッククラウドの稼働率を追跡するサイトの1つであるCloudHarmonyが公開した主要クラウドの稼働状況を紹介。2015年の主要クラウドの稼働率は全体的に2014年よりも向上しているとのことです。一方で、顧客もダウンタイムへのより良い対処法や自社に最適な障害対策を学んでいると解説しています。サービス提供側が障害を起こさないように念入りな対策を実施しても、サービスダウンが起こらないとは言い切れません。今回は、クラウドのダウンタイム問題に関する記事を紹介します。

主要クラウドサービスの総障害発生時間を紹介

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news101.jpg

ソフトバンク・テクノロジー、チャットbotでWebサイトの分析や課題発見をサポートする「SIGNAL AI」を提供
ソフトバンク・テクノロジーは、Webサイト分析やアドバイスを行いながらデータ活用人材を...

news065.png

パイプドビッツなど3社、製薬企業向けマーケティングオートメーションパッケージ「BtoD」が提供開始
パイプドビッツは、メディコムとトライベック・ストラテジーの2社と共同で、製薬企業向け...

news108.jpg

EC・通販の広告クリエイティブは「製品・サービスを手に取ってもらう」ことに割り切る
豊富な実務知見に基づき、EC・通販で成功する方法について解き明かしていく本シリーズ。...