2016年04月20日 08時00分 UPDATE
特集/連載

このまま使い続けられるはずだが……無料でアップデートできるWindows 10は“巨大な釣り餌”なのか (1/2)

Microsoftが提供するWindows 10への無料アップグレードの期限が7月に迫り、この制度を利用する企業が増えている。だがIT管理者にとって、コストやプライバシーに関する不安以外にも疑念が残る。

[Ramin Edmond,TechTarget]
kn_ttus0420_01.jpg 「無料で手に入れることができます」という言葉に「その裏になにかある」と疑ってしまうベテランユーザーは依然として多い《クリックして拡大》

 Microsoftの無償提供の恩恵を受けようと、Windows 10への移行に踏み切る企業が増えている。MicrosoftのWindows 7/8/8.1のユーザー(ただし、Windows 7 Service Pack 1 または Windows 8.1 Update の適用が必須。また、Windows 7 Enterprise、Windows 8/8.1 Enterprise、Windows RT/RT 8.1 の各エディションは無償アップグレードの対象外)は、Windows 10のリリースから1年の間、無料でアップグレードができる。

 この期限が7月29日に迫り、企業ではWindows 10へのアップデートが加速している。TechTargetの2016年版ITプライオリティ調査によれば、2016年内にWindows 10へのアップグレードを計画しているITプロフェッショナルの数は、2015年の13.9%から40.6%へとほぼ3倍に増えた。

       1|2 次のページへ

ITmedia マーケティング新着記事

news030.jpg

消費者の自由裁量所得と使途の状況――NTTコム オンライン調査
NTTコム オンライン・マーケティング・ソリューションと立教大学経営学部 有馬賢治研究...

news013.jpg

B2Bマーケティングのラストワンマイル、今こそ再評価したい「電話」の価値
マーケティング全般におけるコールセンターシステムの役割を主軸に、ボイスコミュニケー...

news146.jpg

電通テック子会社の「情報銀行」サービスが始動
電通テック子会社のマイデータ・インテリジェンスは、生活者主導のパーソナルデータ管理...