2017年11月14日 05時00分 公開
特集/連載

事前準備が大事Windows 10移行でコケないための厳選6つのチェックポイント

「Windows 10」への移行は、IT部門がアプリケーションの互換性チェックや、ユーザーへの新OSのトレーニングなど、きちんと手順を踏まないと、難航する恐れがある。

[Brien Posey,TechTarget]

 企業でデスクトップOSをアップグレードするとなると、インストールメディアを挿入してWindowsセットアップを実行するといった簡単な作業で済むことはまずない。「Windows 10」への移行もその例外ではない。

 Windows 10へのアップグレードは、これまでの一部のWindows OSへのアップグレードよりもシンプルなプロセスになることが多い。だが、通常は、OSのアップグレードを開始する前に、IT部門がやっておかなければならないことが山ほどある。

 そこで、以下6つのステップとなるWindows 10移行のチェックリストを用意した。このチェックリストをしっかりクリアすれば、アップグレードをスムーズに進めるのに役立つはずだ。

1.ハードウェアインベントリを実行する

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news051.jpg

「SATORI」が機能アップデート、シナリオ機能を強化
SATORIはマーケティングオートメーションツール「SATORI」の機能アップデートを発表した。

news012.jpg

AIで社会課題を抽出して国会議員に届けてみた結果――東大・電通PR・ホットリンク調べ
国会議員の政策策定にもAIを活用する日がくるかもしれません。

news028.jpg

電通が分類する30の「メディアライフスタイル」はなぜ生まれたのか、ここから何が見えてくるのか
電通メディアイノベーションラボが類型化する30の「メディアライフスタイル」。これによ...