2018年01月05日 05時00分 公開
特集/連載

想像の翼を広げてみよう2018年のストレージ業界を大胆予測 まさかの「4D NANDフラッシュ」登場なるか?

毎年恒例の「未来予測」だ。真実、現実、正当性にとらわれず、怖いもの知らずの思い切った視点で、2018年におけるデータストレージのトレンドを考察してみよう。

[Rich Castagna,TechTarget]

 アナリスト、ベンダー、コンサルタントなど、時間を持て余した誰もが、昔から毎年恒例の儀式に関心を寄せている。2018年に登場が期待されるテクノロジーを予測する儀式だ。

 過去にはこのような予想を一笑に付したこともあった。だが必要とあらば、エンタープライズストレージの今後について独自の予測を立てることに抵抗はない。本稿の予測に現実味が足りないのは確かだが、それを少しばかり楽しんでいただければ幸いだ。とはいえ、大胆にも未来を見通して何が起こるかを広く伝えようとする者は、真実、現実、正当性という制約に縛られることはない。その展望がどれだけばかげていて、不気味だとしてもだ。

 では、早速始めよう。

東芝は新たな次元へ

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news014.jpg

認知度86.5%、言葉だけは知られている「民泊」――クロス・マーケティング調査
民泊初利用のきっかけは、口コミが27%を占めるようです。

news131.jpg

「SAS Customer Intelligence 360」が刷新
SAS Institute Japanは9、新しい「SAS Customer Intelligence 360」を発表した。

news018.jpg

イマドキ女子のスマホプライムタイムは「22時」――インテージ調べ
インテージは、15〜24歳“イマドキ”女子のスマートフォンの利用実態を調査しました。