TechTargetジャパン

技術文書
基礎から速習する「SSL導入実践ガイド」――常時SSL時代に乗り遅れないために
 Webサイトの運営者でもそれが何かを説明できないことが多い「SSL」(Secure Socket Layer)。Web運営には欠かせないため、実際に導入を提案する際には、SSLが具体的にどのように役立つのかを分かりやすく説明できるノウハウも必要となる。 説明上手になるためには、ま...(2017/3/21 提供:合同会社シマンテック・ウェブサイトセキュリティ(旧 日本ベリサイン株式会社))

技術文書
SSLサーバ証明書の「3つの手法」、複数のWebサーバの運用に最適なものは?
 単一のグローバルIPアドレス内に異なるドメイン名を持つ複数のWebサーバを構築している場合、これまでは1つのSSLサーバ証明書しか設置できなかった。この状態だと、もし一部のサイトから暗号鍵の漏えいなどが起きると、サーバ内に同居している全てのサイトに、改ざんや...(2017/3/21 提供:合同会社シマンテック・ウェブサイトセキュリティ(旧 日本ベリサイン株式会社))

技術文書
Google検索結果の上位を狙うためにどうやって安全性と信頼性を高めるのか?
 検索エンジンGoogleが世界中から支持されているのは、「最高のユーザーエクスペリエンスを提供しよう」という同社の姿勢の表れといえる。最高のユーザーエクスペリエンスを提供するためには、今日においては「安全なエクスペリエンス」が避けて通れない。つまり、全ての...(2017/3/21 提供:合同会社シマンテック・ウェブサイトセキュリティ(旧 日本ベリサイン株式会社))

技術文書
知らないと大きな差が出る、 SSLとドメイン名の密接な関係
 アンケートや問い合わせフォームなど、インターネット上で個人情報を扱う時はSSLによる暗号化が必要不可欠だ。暗号化でセキュリティを高めて簡単に実現するために、あらかじめSSLが準備された環境を活用できる、共有SSLというサービスがある。 しかし、ネットショッピ...(2017/3/21 提供:合同会社シマンテック・ウェブサイトセキュリティ(旧 日本ベリサイン株式会社))

製品資料
問い合わせ対応で新規顧客創出、「チャット」だと潜在層に接触できるのはなぜ?
 顧客獲得の面でも重要な企業活動である「問い合わせ対応」。従来のような電話やメールによる対応は、製品の比較検討段階にいるような顕在層のユーザーを取り込めても、購買プロセスの初期段階にいる潜在層のユーザーに効果的にアプローチできないという問題があった。 ...(2017/3/13 提供:株式会社ラクス)

製品資料
デジタルマーケティングの基礎ガイド――どうする? 何から始める?
 企業のWebサイトは単なる情報発信の「場所」ではなく、マーケティングの重要な「チャネル」であることは言うまでもない。だが実際に有効活用できている企業は、どれほどあるだろうか。分析ツールやWebサイトを活用していても、部門や商材、サイトごとに縦割りで施策を展...(2017/2/27 提供:ソフトバンク・テクノロジー株式会社)

製品資料
顧客データの分散状況を瞬時に解決、パーソナルマーケティング基盤の実力は?
 一人一人の顧客の状況をリアルタイムに把握し、属性・嗜好・状態に応じたアプローチを行う「パーソナルマーケティング」。成約率や顧客満足度などの大幅な向上が期待できることから、多くの企業のマーケティング部門が注目しているが、その実現は容易ではない。 ICTの...(2017/2/8 提供:富士通株式会社)

レポート
デジタルマーケティングがうまくいかない理由は? ビジネスとICTの課題を解説
 多くの分野でICT活用が進む中、意外にも遅れている分野がマーケティングだ。多くの企業で、顧客情報を各部門でバラバラに保有する個別最適に陥っており、リアルタイムに顧客の状況を把握する仕組みも整備できていないなど、ビジネス・ICTの両面で課題が見られる。 その...(2017/2/8 提供:富士通株式会社)

製品資料
高機能CMSでWeb構築コスト・期間を削減――会員サイトやオウンドメディアも
 Webサイトにおける統一されたデザインと迅速な更新を可能とする開発基盤として人気が高いCMS(コンテンツマネジメントシステム)。これまではサイトの規模拡大やシステム要求の多様化などに伴う、システム開発の複雑化という課題をなかなか解消できずにいた。 特に問題...(2017/2/1 提供:株式会社ディバータ)

製品資料
集客と商談の増加を促す「問い合わせを生むWebサイト」とは?
 Webサイトは、B2CとB2Bのどちらのスタイルであっても、新規顧客の獲得に役立つものでなくてはならない。そのためには「集客」「リード獲得」「リード育成」の3つのステップでの施策を効率的に実施することが必要だ。しかし、Webサイト運営をギリギリの予算と人員で行っ...(2016/11/11 提供:株式会社イノーバ)

製品資料
顧客に読まれる製品・サービス資料の作り方――既存コンテンツも丸ごと活用
 現在の多様化が進んだ市場では、自社の製品やサービスを素早く、効果的に顧客に伝えることがビジネス成功の鍵となる。そのため、電子カタログなどの活用が進んでいるが、十分なノウハウがないことから、自社サイトでPDF資料を配布する程度にとどまる企業も多い。 しか...(2016/10/11 提供:株式会社電算)

技術文書
知らないと大きな差が出る、 SSLとドメイン名の密接な関係
 アンケートや問い合わせフォームなど、インターネット上で個人情報を扱う時はSSLによる暗号化が必要不可欠だ。  暗号化でセキュリティを高めて簡単に実現するために、あらかじめSSLが準備された環境を活用できる、共有SSLというサービスがある。 しかし、ネットショ...(2016/9/20 提供:合同会社シマンテック・ウェブサイトセキュリティ(旧 日本ベリサイン株式会社))

レポート
小売・流通専門家に聞く:オムニチャネルに躍起になるスーパー各社、成功のポイントは?
 海外の小売業では数年前からオムニチャネルを推進する動きが活発となり、あらゆる購買チャネルをシームレスにする「シームレスリテーリング」という言葉も登場した。そして、遅れて日本でも企業での取り組みが本格化し始めている。もちろん、これまでも小売業のECサービ...(2016/9/15 提供:KDDI株式会社)

Webキャスト
Webサイトの隠された問題点とは? 無言で離脱したユーザーの不満を知る方法
 Webサイトでサービスや製品を販売している企業とそれを利用するユーザーの間には、ユーザー体験に関する認識で大きなズレが起きている。多くの企業が自分たちはユーザーの求めていることを認識し、望む体験をおおむね提供できていると考えているが、ユーザーは企業が思...(2016/9/14 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

製品資料
GoogleやYahoo!の検索結果で上位になるには? これからのSEO対策に必要なこと
 Google、Yahoo!などの検索結果の上位に自社サイトが表示されることは、流入するユーザー数の増加や自社のブランド価値向上につながる。そのため、多くの企業がSEO対策に力を入れているが、実際に上位に表示された場合の効果はどれほど見込めるのだろうか。 調査会社3社...(2016/9/9 提供:株式会社PLAN-B)

製品資料
SEOの「5つの神話」は本当か? Googleのアルゴリズムの実情を解説
 検索エンジン対策として完全に定着した「SEO」(Search Engine Optimization)。その概念が初めて登場した1990年代後半から、外部リンク中心の時代を経てコンテンツ重視の時代へと至る過程では、数々の“SEO神話”が生まれてきた。 その1つが「外部リンクは効果がない...(2016/9/9 提供:株式会社PLAN-B)

製品資料
マーケティングオートメーション徹底解剖――B2Cで多くの企業が失敗する理由
 一人一人の顧客に最適化したマーケティングを行うためのツールであるマーケティングオートメーションには、B2B向けとB2C向けの2種類が存在する。B2C向けは「クロスチャネルキャンペーンマネジメント」(CCCM)と呼ばれ、B2B向けとは目的などが異なる。 CCCMの目的は...(2016/8/23 提供:株式会社フロムスクラッチ)

その他
【ケーススタディで学ぶ】製造業のためのWebマーケティング入門
 製造業ではいま新しいマーケットが形成され、新たなターゲットとなりうる顧客層が生まれつつあります。そうしたなかで、あなたの会社の営業・マーケティング体制は、まだ「引き合い依存」のままになってはいないでしょうか? 製造業における「Webマーケティングの重要...(2016/7/7 提供:アイティメディア株式会社)

レポート
IT部門のための「デジタルマーケティング」事始め
 近年、デジタルマーケティングへの取り組みは、Webでビジネスを営む企業のみならず、あらゆる企業のマーケターにとって主要な関心事になりつつある。Amazon,comからUberまで、続々と台頭するデジタル新興企業に対抗するためにも、マーケティング部門と顧客窓口、そしてI...(2016/6/16 提供:KDDI株式会社)

レポート
顧客の心理から考えるロイヤルカスタマー(顕在顧客編)
 日本は個人情報保護が世界で最も厳しい国であるため、リードを獲得するコストは高いです。 さまざまな技術によって獲得単価が安くなってきましたが、顧客母数は増えても受注が伸び悩む企業も多いです。 また、LTV(Life Time Value:顧客生涯価値)を最大化するため...(2016/6/3 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

製品資料
Webマーケティング「どうすればいいのか分からない」その原因と次にやるべきこと
 Webマーケティングを行うに当たっては、検索エンジンやSNS対策に始まり、ランディングページや入力フォームの改善、見込み客と既存顧客のデータベース化、メールマガジン作成など、さまざまな施策が欠かせない。目的となる売り上げを着実に増やすには、こうした施策をバ...(2016/3/25 提供:株式会社ベーシック)

製品資料
ゼロから始めて、1人でできる、効果が出るコンテンツマーケティングの実践方法
 Webマーケティングに継続して取り組めない、効果も明確にならない、その理由は幾つかある。まず「何をしたいのか」という戦略策定が甘いままのプロジェクトスタートだ。広告出稿、SEO、既存Webページ流入などの定番施策が一巡すると、次の手が思い浮かばず頓挫してしま...(2016/3/25 提供:株式会社ベーシック)

製品資料
セキュリティ対策の盲点 業務の流れに潜む課題を洗い出す
 2016年より本格運用が始まったマイナンバー制度では、特定個人情報の取り扱い手順や安全管理策の整備、運用が求められる。一方、重要情報を標的にしたサイバー攻撃は進化しており、既存のセキュリティ対策では限界もある。 例えば、個人番号取得の際の「メモ」の管理手...(2016/3/11 提供:デル・ソフトウェア株式会社)

講演資料
「セキュリティ強化」と「利便性」、両立させる対策のススメ
 企業を狙ったサイバー攻撃が後を絶たない中、対応が後手に回るケースが多い。意思決定プロセスの不備、専門家の不在、情報収集能力不足などが原因だ。これら全てに対して、社内リソースだけで賄おうとしても実現が難しいことも多い。そこで、外部サービスを活用するとい...(2015/10/19 提供:株式会社インターネットイニシアティブ)

Webキャスト
CVRを3.5%以上向上させた「顧客体験を可視化する」アクセス解析ツールとは?
 商品購入や資料請求といったWebサイト上の成果を示すコンバージョン率(Conversion Rate 以下、CVR)は、B2Cサイトで平均3〜4%、B2Bサイトでも平均10%程度といわれている。多くの企業がアクセス解析ツールを導入し、定量的なデータを保有している一方で、Webサイト来...(2015/4/3 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

製品資料
顧客情報とWebアクセスログを基に購入者を予測分析。コストを抑え短期間で見込み客を発掘するポイント
 本書は、これからデータ活用を始めようとしている方や、既に活用し始めてさまざまな問題に直面している方々を対象に書かれたebookです。ビッグデータを活用するために重要なことや、具体的な分析例による活用シーンを通して、ビッグデータをビジネスに活用するためには...(2015/6/24 提供:株式会社AIT)

レポート
ネット×リアルで考える、リードナーチャリング実践への虎の巻
 営業メンバー個人の裁量に任せていた時代は終わり、組織的、論理的な活動が求められるようになった。企業やブランドとの中長期的な関係醸成(リードナーチャリング)を行うプロセスは、今や必要不可欠だ。多くの企業が、このリードナーチャリングに悩んでいるのではない...(2014/10/21 提供:サイトコア株式会社)

製品資料
15分の設定でエントリーフォームの完了率を20%以上向上させるツールの秘密
 ネットビジネスの成績を向上させるには、多額の広告費を追加したり、商品やサイトコンテンツの内容を作り替えるよりも、エントリーフォームの完了率を上げるのが、最も早く効果が出る施策だ。フォームの完了率を上げ、離脱を防ぐにはどうすればいいのか。それには、・ユ...(2014/9/18 提供:株式会社エフ・コード)

技術文書
Webアクセス解析を成功に導く3つのポイント
 現在の企業はさまざまな形でインターネットをビジネスに利用している。企業、製品、サービスを紹介するためのWebサイトはほぼ全ての企業が設けているし、消費者向けビジネス(B2C)では電子商取引(EC)も盛んだ。こうしたビジネス目的のWebサイトを運営している企業に...(2013/12/11 提供:SAS Institute Japan株式会社)

レポート
メールのCTRを4倍に向上した「個客」マーケティングとは?
 今日、ユーザーがWeb、メール、ソーシャルメディアおよび各種のオフラインメディアなどさまざまなタッチポイントを渡り歩いて購入に至るのに対し、マーケティング関連のテクノロジーが追いついていない。サイロ化された状態で見込み客に関する情報の共有も共通の目標設...(2014/5/30 提供:サイトコア株式会社)

Loading