オージェテクノロジー、Lotus Notes/Dominoのアクセスログ取得ツールを販売NEWS

「Lotus Notes/Domino」のユーザーアクセスログを取得する「Auge AccessWatcher for Lotus Notes v1.0」を発売。ユーザー操作を文書単位のログとして取得し、CSVファイルにリアルタイム出力

2008年01月21日 18時07分 公開
[TechTarget]

 オージェテクノロジーは1月21日、グループウェア「IBM Lotus Notes/Domino(以下、Lotus Notes/Domino)」の詳細なユーザーアクセスログを取得する新製品「Auge AccessWatcher for Lotus Notes v1.0」の販売を開始した。

本製品はLotus Dominoサーバに対するNotesクライアント/Webクライアントからのユーザー操作を文書単位のログとして取得し、CSVファイルで保存する。Lotus Notes/Dominoに蓄積された各情報が実際にどのように利用されているかを把握できるとともに、ユーザーの利用証跡を補完できるとしている。また、Dominoサーバへの容易な導入やNotesクライアントからログ取得設定ができるなど、Lotus Notes/Domino管理者は慣れ親しんだ環境で内部統制・セキュリティ強化を実現できるという。

 標準価格は50万円で、動作環境はLotus Domino Windows版 6.5x、7.0x(Lotus Domino 8には、検証後対応予定)。

ITmedia マーケティング新着記事

news065.jpg

アップルのiPad Pro炎上CMにサムスンが一撃 「クリエイティビティーはCrushできない」
Appleらしからぬマーケティングの失敗から数日後、Samsungは「Galaxy Tab S9」を訴求する...

news063.jpg

電話・スマホでのコミュニケーションは「通話」? 「テキスト」?
クロス・マーケティングが全国の20〜69歳男女を対象にした調査によると、電話やスマホで...

news061.png

商品のパッケージが変わると購入意欲につながる?
商品のパッケージデザインの一新が新規購入とその後のリピート購入にどの程度つながって...