TechTargetジャパン

製品資料
読めば分かる! メール誤送信対策製品の選び方
本資料は、TechTargetジャパンで過去に掲載したメール誤送信対策に関連する記事を1つに集約したものである。製品導入前にできる対策や各社から提供されている製品の特徴を紹介している。 電子メールの誤送信は、誰にでも起こる可能性がある一方で、万が一の場合には企業...(2011/5/19 提供:アイティメディア株式会社)

e-book
読めば分かる! メール誤送信対策製品の選び方
 本資料は、TechTargetジャパンで過去に掲載したメール誤送信対策に関連する記事を1つに集約したものである。製品導入前にできる対策や各社から提供されている製品の特徴を紹介している。 電子メールの誤送信は、誰にでも起こる可能性がある一方で、万が一の場合には企...(2011/3/25 提供:アイティメディア株式会社)

製品資料
そのサービスでコスト削減できますか? 誤送信防止やアーカイブを含む本格的な機能が充実したクラウドメールサービスとは?
 「コスト削減」を前提にクラウドサービスへの移行を検討しているが、「誤送信防止」「送信フィルタ」「アーカイブ」など、必要な機能を全て導入すると、コストが高くなってしまい困っている。Google Appsなどの海外のクラウドメールサービスを利用しながら、「誤送信防...(2011/11/1 提供:株式会社ソースポッド)

レポート
誤送信事故と情報漏えい事件の実例から分析する、メールセキュリティの具体策
 現代のビジネスにおいて電子メールは必要不可欠なものだが、メッセージの送受信は企業のネットワークと守秘義務に重大なリスクをもたらす危険性がある。昨今の電子メール経由の相次ぐ誤送信事故や情報漏えい事件によって、こういった事故や事件は決して人ごとではないと...(2013/3/29 提供:クリアスウィフト株式会社)

製品資料
上長任せのメール誤送信対策はもう限界! 確実な策は「送信時確認の強化」にあり
 一般的なメール誤送信対策として、送信者が送信したメールをゲートウェイでいったん保留して上長が確認し、承認の上で送信する「メールゲートウェイ」がある。ただし、こうした仕組みがうまく機能しないケースも存在する。上司にチェック負荷が集中する、そもそも送信者...(2012/7/23 提供:NRIセキュアテクノロジーズ株式会社)

技術文書
誤送信したメールを「送信されなかった」ことにする技法
 個人情報保護法の全面施行から2年が経過し、情報漏えいリスクへの意識は非常に高くなったように思われる。にもかかわらず、依然として漏えい事故は後を絶たない。特に、電子メールの誤送信によるアドレス情報の流出事故は2008年以降も連日のように発生している。電子メ...(2008/2/27 提供:株式会社 CSK Winテクノロジ)

製品資料
うっかりミスを自動で防ぐ誤送信対策を低コストで実現する方法
 「うっかり他人にメールを送ってしまった……」「添付ファイルを間違えてメールを送信してしまった……」。企業にとって欠かすことのできないメールによる業務では、うっかりミスが招く情報漏えいが後を絶たない。メール誤送信対策はIT部門にとって大きな課題だ。 誤送...(2013/10/15 提供:株式会社アズジェント)

事例
1週間で導入完了! Google Apps環境でも使えるメール誤送信対策&アーカイブ事例
 コストと効率の最適化を目的に、メール環境をGoogle Appsに切り替えた購買戦略研究所。同社はメール誤送信への対策を迫られ、「Google Apps環境でも使える」製品/サービスの選定を開始した。充実したメール誤送信対策機能といった機能面の要求に加え、妥当な価格と短期...(2012/8/1 提供:株式会社トランスウエア)

製品資料
「誤送信防止」と「添付ファイル暗号化」の両面で実現するメール誤送信対策
 誤送信や添付ファイルなどのメール経由の情報漏えいは、たとえ「うっかりミス」でも場合によっては企業の存続にかかわるような重大なインシデントになる可能性がある。メール経由の情報漏えい事故は増え続けており、企業によるメール誤送信対策がいまだ不十分であること...(2008/12/1 提供:株式会社トランスウエア)

製品資料
電子メールの情報漏えい対策最前線!その添付ファイル送信を会社は許可していますか?
企業のブランドイメージ棄損や企業の存続すらも脅かしかねない、情報漏えい事故。その事故原因の2割が電子メールによる誤送信であるといわれている。業務コミュニケーションツールとして必要不可欠となった電子メールに対して、企業はうっかりミスによる誤送信から意図的...(2010/5/12 提供:日立ソフトウェアエンジニアリング株式会社)

製品資料
メールを送った直後に「しまった!」と思ったことはないですか?
 新聞やテレビなどで見かける情報漏えい事故。2007年に発生した情報漏えい事故のうち、約1割はメールの誤送信が原因だったという。うっかりミスが原因で起こることの多いメール誤送信。しかし、個人のうっかりミスをすべて防ぐのは不可能に近い。では、どのような対策を...(2008/11/13 提供:日立ソフトウェアエンジニアリング株式会社)

製品資料
「うっかりミス」のメール誤送信を機械的に防止するクラウド型サービスとは?
 メール誤送信防止の施策は、「情報漏えいリスクによる被害抑止」と「現場の業務負担増大」とのトレードオフと思われがちである。「添付ファイルは必ず暗号化」「Excelファイルの添付はNG」「大きいサイズのファイルは分割して送付」等のセキュリティルールを徹底すると...(2010/7/1 提供:株式会社トランスウエア)

事例
もはや「Pマーク取得に必須」のメール誤送信対策を成功に導くには
 ジービーアールでは、PマークやISMS取得に向けて全社的にセキュリティ対策に取り組んできた。その一環がメールの誤送信防止対策である。 しかし、人的な作業に頼るチェックシステムでは誤送信を完全に防ぐことはできず、管理者の負担が増大していた。また、仕事先との...(2009/11/30 提供:株式会社トランスウエア)

製品資料
クラウド型サービスで「安く」「素早く」メール誤送信対策を実現する
メール操作のほとんどはユーザーが手動で行うことから、注意を喚起するだけでは、誤送信を100%阻止するのは難しい。そこで近年では、システム側で誤送信をブロックするソリューションが提供されている。しかし、その多くは社内システムに別途サーバを立てて運用する必要...(2011/5/16 提供:株式会社トランスウエア)

技術文書
メール誤送信による情報漏えいは自動暗号化で防げ
 電子メールの普及に伴い、重要な情報も電子メールで配信されることが一般的になってきた。その一方で、誤送信による情報漏えいが社会問題となっている。対策には、添付ファイルの暗号化が一般的だが、手作業による暗号化は、作業が煩雑で非効率、電子メール監査の不整合...(2013/12/16 提供:株式会社アズジェント)

製品資料
添付ファイルの誤送信を根絶する最新メールセキュリティ機能とは?
情報漏えい対策を「確実に」実施したいと検討されている情報システム部の皆様に朗報です。NTTPCでは、 “添付ファイルの付け間違いを防ぐ”承認機能搭載『添付ファイルの誤送信防止機能』をリリース! ◆新機能メリット添付ファイルの誤送信を根絶すべく「人による確認・...(2009/5/11 提供:株式会社NTTPCコミュニケーションズ)

製品資料
誰にでも起こり得るメールの「うっかりミス」 。誤送信防止システムでしっかり防ごう!
 メールが原因の情報漏えい事故が後を絶たない。インターネットのニュースサイトを閲覧すると、毎月必ず何件もの「メール誤送信により情報漏えい」という記事が見つかる。最近の事故をさかのぼってみても、大手マスコミ、公的医療機関、IT関連業界団体、地方自治体などの...(2011/11/30 提供:株式会社トランスウエア)

カタログ
【カタログ】誤送信・情報漏えい対策トータルソリューションCLEARSWIFT SECURE Gateways
【製品概要】 世界17,000ユーザ企業への導入実績あり!Webと電子メールの誤送信・情報漏えい対策ソリューション【導入メリット】 誤送信・情報漏えい対策、ウイルス・スパム・マルウェア対策機能がオールインワン。 初期導入30分の簡単設定ガイド、そのまま使えるポリシー...(2010/10/10 提供:クリアスウィフト株式会社)

講演資料
「うっかりミス」によるメールの誤送信は予防できる
 実は、メールによる情報漏えい対策の多くは上司や情報システム部門、監査部門などが介在することで未然に防いでいるケースが多い。例えば、社員の誰かがあて先を間違えてメールを送ってしまった場合、システム部門はメールサーバからメールを削除したり、上司は相手先に...(2008/2/28 提供:株式会社 CSK Winテクノロジ)

事例
ISMS取得後の運用ルール順守と現場の負荷軽減を両立させたメール誤送信対策とは?
 丸新システムズではISMSを取得するために、155項目にわたるセキュリティ対策の運用ルールを策定し、約半年という短期間で「ISO27001」を取得した。しかし、実運用が始まると、営業担当者を中心とした業務部門から「メール運用に関する業務負担が増大した」と指摘を受け...(2009/12/9 提供:株式会社トランスウエア)

事例
「Google Apps×スマートデバイス」大手企業のセキュリティ事例10選
 本資料では、「BYOD(Bring Your Own Device)実現にあたりセキュリティレベルを落としたくなかった」「多店舗間でクラウドとスマートデバイスを活用したセキュアな情報共有を実現したかった」「PCのみならずスマートデバイスでも誤送信対策を行いたかった」「Pマーク・...(2013/2/27 提供:ゼネラル・ビジネス・サービス株式会社)

製品資料
「本当に必要な」情報漏えい対策…「メール誤送信対策」だけでは十分ではなかった!
今や企業の基幹システムの一つである電子メール。便利である半面、「うっかりミス」による誤送信や、「故意」の持出しによる機密情報漏えいリスクが内在している。また企業内には電子メール以外にも、インターネットを介して社員や職員が無料のファイル共有・伝送サービス...(2010/1/5 提供:日本ワムネット株式会社)

講演資料
5分以内に気付くメールの「うっかり送信」をなくせる3つの方法とは?
 誰もが経験のある「うっかりミス」によるメールの誤送信が、場合によっては経営に影響を及ぼすほどの大事故につながってしまう可能性がある。重要ファイルを添付したメールを違う宛先に送信してしまったり、ダイレクトメールを「Bcc」ではなく「To」で送信してしまった...(2009/3/18 提供:株式会社 CSK Winテクノロジ)

製品資料
メール誤送信対策ソフトウェア「FENCE-Mail For Gateway」
メールの誤送信による情報漏えいの可能性は、企業にとって大きな不安要素である。その対策にはメール送信時の誤操作をなくし、添付ファイルを暗号化して送信することが基本である。FENCE-Mail For Gatewayは、監査機能と暗号化機能の二重の対策により、安全かつ快適なメー...(2010/12/20 提供:株式会社富士通ビー・エス・シー)

製品資料
Office 365導入済み・検討中の企業必見! Office 365のメールセキュリティ、6つの落とし穴に注意
 クラウド型メールへの移行が進んでいる。ビジネスソリューションに強いマイクロソフトのOffice 365導入を検討あるいは決定した企業も多いだろう。だが、標準機能だけでセキュリティ対策は万全だろうか? メール送信時の上司承認や送信拒否などの一部の誤送信防止機能は...(2014/1/27 提供:株式会社トランスウエア)

製品資料
電子メール3つの課題 なりすまし、情報漏えい、運用コスト増大の解決方法
 企業の電子メール運用には大きく3つの課題がある。1つはなりすましやスパムなどの迷惑メールの増加だ。その結果、迷惑メール削除などの対処や、ネットワーク負荷の増大など、業務効率の悪化、ひいては労働時間損失による経済的損失を引き起こしている。2つ目は、宛先間...(2013/12/10 提供:株式会社日立ソリューションズ)

講演資料
誤送信対策「PlayBackMail」の導入効果
『PlayBackMail(プレイバックメール)』は、宛先間違いやファイルの添付間違い、ダイレクトメールの送信時に大量の宛先を指定することで起こる情報漏えいなどを、“3つの機能”で強力に防止する電子メール誤送信防止ソリューションです。『PlayBackMail』を導入すること...(2010/5/12 提供:株式会社 CSK Winテクノロジ)

製品資料
もうファイルは送らない。“中身を見せるだけ”のコンテンツ配信ツールとは
 ファイル送信のセキュリティについて頭を悩ませている企業は多い。通常の添付ファイルは誤送信のリスクに加え、第三者への勝手なファイル転送を防ぐことは不可能だ。だが、情報/コンテンツの多様化に伴い、安全な手段を用いた情報配信を行う必要性が生じている。 本項...(2014/3/31 提供:日本ワムネット株式会社)

事例
BYOD対策も抜かりなし――「クラウド×スマートデバイス」導入企業が語る成功のノウハウ
 ワークスタイルの変化や業務効率向上のため、ビジネスの現場でスマートデバイスをクラウド環境で利用するケースが増えている。社外からでもメール確認や業務が行える利便性に加え、データがクラウドにあるため、災害時のバックアップとしても有効だ。なかでも利用頻度の...(2014/4/1 提供:株式会社HDE)

カタログ
【カタログ】Active! gate
【製品概要】Active! gateはメール経由の情報漏えいをさまざまなアプローチで確実に防ぐメール誤送信防止製品。送信ボタンを押すだけで7つのアプローチをすべて自動的に実行し、「うっかりミス」による宛先間違いやファイルの添付間違いなどの誤送信を防ぐことが可能。ま...(2010/12/10 提供:株式会社トランスウエア)

Loading