2006年03月29日 09時22分 公開
特集/連載

「アクティビティトリガー」「ワークフロー」「ダッシュボード」で業務を簡素化Case Study

「アクティビティトリガー」と「ワークフローツール」をうまく組み合わせれば、従業員は電子的に順次作業を引き継いでミスや遅れなく処理することができる。「ダッシュボード」はより経営的なツールで、マネジャーはこれによって主要な指標を検討することができる。

[TechTarget]

 筆者がCIOを務めるノースコーストエレクトリックでは今、社内で進めているERPプロジェクトを通じて、業務を簡素化してコストを削減する方法を模索している。

 業務のやり方を見直す中で、技術が進歩しているのに、紙への依存が減少していないことに気付いた。紙を減らせば、人員を抑制し、紙にまつわるうっかりミスを低減し、顧客サービスを向上させ、ひいては利益を高めることができる。

 そこで役に立つのが、「アクティビティトリガー」「ワークフローツール」「ダッシュボード」だ。ここでは、この三種の神器について説明する。

ITmedia マーケティング新着記事

news176.jpg

Teslaが成長率1位、LVMHグループ5ブランドがランクイン 「Best Global Brands 2021」
毎年恒例の世界のブランド価値評価ランキング。首位のAppleから10位のDisneyまでは前年と...

news056.jpg

「巣ごもり消費」で選ばれるブランドになる「シャンパンタワー型コミュニケーション戦略」のすすめ
「巣ごもり消費」はPRをどう変えたのか。コロナ禍における需要喚起に有効なB2C向けの統合...

テレビ放送と人流の相関を示すデータサービス クロスロケーションズが提供開始
テレビ番組やテレビCMをテキスト化・データベース化した「TVメタデータ」とGPSをベースと...