2006年04月13日 10時41分 公開
特集/連載

中堅企業にはエンタープライズ製品がベストチョイスとは限らないColumn

IBMやEMCなど、中堅企業向けに機能縮小版のソリューションを提供する大手ベンダーが増えてきた。こうした製品を導入するべきかどうかの判断は難しい。

[TechTarget]

 このところEMCやIBMなど多くの大手ベンダーが、エンタープライズソリューションの機能を縮小した廉価版を提供しているが、中堅企業は重要な判断を迫られている。従来のベンダーの製品を使い続けるのか、業界大手の最新製品を試すべきか、という判断である。

 専門家によると、その判断を下す前に、自社のビジネスをしっかりと把握する必要があるという。予算内に収まるからという理由だけで、エンタープライズクラスの製品を購入すべきではない。ベンダー各社が製品を中堅企業市場向けに作り直したとしても、エンタープライズソリューションの複雑さに対応できない企業もあるかもしれない。

 逆にITシステムが手に余るほど複雑化し、もっと容易に管理できる環境が必要だという状況になってきたのであれば、エンタープライズクラスのベンダーが提供するツールを検討する価値がある。

ITmedia マーケティング新着記事

news060.jpg

「高齢者のデジタルシフト」「応援消費」他、コロナ禍が変えた消費行動と今後の「個客」との付き合い方
コロナ禍で起きた消費行動の変化とはどのようなものか。変化に対応するために企業が取る...

news024.jpg

なぜあのブランドは「離脱」されないのか?
「ITmedia マーケティング」では、気になるマーケティングトレンドをeBookにまとめて不定...

news056.jpg

急成長のデジタルライブエンターテインメント市場、2024年には約1000億円規模に――CyberZとOEN調査
音楽や演劇などライブコンテンツのデジタル化が急速に進んでいます。今後の見通しはどう...