2006年04月13日 10時41分 UPDATE
特集/連載

Column中堅企業にはエンタープライズ製品がベストチョイスとは限らない

IBMやEMCなど、中堅企業向けに機能縮小版のソリューションを提供する大手ベンダーが増えてきた。こうした製品を導入するべきかどうかの判断は難しい。

[TechTarget]

 このところEMCやIBMなど多くの大手ベンダーが、エンタープライズソリューションの機能を縮小した廉価版を提供しているが、中堅企業は重要な判断を迫られている。従来のベンダーの製品を使い続けるのか、業界大手の最新製品を試すべきか、という判断である。

 専門家によると、その判断を下す前に、自社のビジネスをしっかりと把握する必要があるという。予算内に収まるからという理由だけで、エンタープライズクラスの製品を購入すべきではない。ベンダー各社が製品を中堅企業市場向けに作り直したとしても、エンタープライズソリューションの複雑さに対応できない企業もあるかもしれない。

 逆にITシステムが手に余るほど複雑化し、もっと容易に管理できる環境が必要だという状況になってきたのであれば、エンタープライズクラスのベンダーが提供するツールを検討する価値がある。

ITmedia マーケティング新着記事

news105.jpg

ITツールの利用効果に対する実感に世代間ギャップ――Dropbox Japan調査
国内企業における創造性とITツール利用に関する実態調査です。

news035.jpg

エードット×BIRDMAN デジタルクリエイティブ界の強力タッグが目指す「広告のいらない世界」
プロデュースカンパニーとして急成長中のエードットが総合クリエイティブプロダクション...

news092.jpg

10代女子に聞いたお年玉の使い道、「貯金」「推し活」が上位に――バイドゥ調べ
イマドキの女子はもらったお年玉をどう使っているのでしょうか。