2006年06月30日 09時59分 UPDATE
特集/連載

Case Study金融サービス会社を目覚めさせたワームの侵入

ワームの感染で壊滅的な痛手を負ったある金融サービス会社は、ネットワーク監視/分析ツール「Arbor PeakFlow X」を導入した。

[TechTarget]

 商取引、投資銀行業務、調査サービスなどを専門とする金融サービス会社トーマスワイゼルパートナーズの最高セキュリティ責任者(CSO)を務めるキャノン氏はかつて、スパイボットワームの侵入さえ目撃したことはなかった。同氏には確かに幾つかマイナーな手段はあった。だが、同氏のセキュリティチームが異常な動きを察知して追跡しようとしても、ログやリポートをすべて確認している間に1歩も2歩も後れを取るのが常だった。

 トーマスワイゼルパートナーズのネットワークにワームが初めて侵入したのは2004年後半だった。そして、再び2005年初頭にも侵入した。同社のIT部門では、この件はその後、「2005年3月の事件」と呼ばれるようになった。

 キャノン氏によれば、事態は次第に悪化の一途をたどり、最終的には、数台のマシンが応答しなくなったという。どうやら、同社が導入していたSymantecのセキュリティツールはこれらのワームを探知しなかったようだ。そうした侵入はまだ定義されていなかったからだ。

 同社のスタッフの眼を開かせたのは、この感染だった。

ITmedia マーケティング新着記事

news023.jpg

UberとLinkedInが初ランクイン テクノロジーブランドはなぜ強い?――「Best Global Brands 2019」
世界のブランド価値評価ランキング「Best Global Brands 2019」トップ3は不動のApple、Go...

news033.jpg

社名に「令和」を含む企業は全国で何社ある?――東京商工リサーチ調べ
即位礼正殿の儀を前に新設法人334社、社名変更で97社の「令和」企業が生まれています。

news033.jpg

ブランドは信頼に値するか? 「イエス」は日本ではわずか38%――エデルマン・ジャパン調査
エデルマン・ジャパンは、世界8カ国、1万6000人を対象に実施した消費者意識調査の日本に...