2007年06月22日 19時14分 公開
ニュース

NTTPC、VPSサービス「WebARENA SuitePRO」を大幅に機能拡張NEWS

料金据え置きでディスク容量を3.3倍の20Gバイトに拡張

[TechTarget]

 エヌ・ティ・ティピー・シーコミュニケーションズは6月22日、VPS(Virtual Private Server)サービス「WebARENA SuitePRO」を7月3日から大幅に機能を拡張し、提供開始すると発表した。本サービスはレンタルサーバのサービス品目の1つで、共用サーバながら仮想的に専用サーバと同等の機能を提供するサービス。Linuxを採用するVPSサービスとなっており、新たにコントロールパネルのカスタマイズ機能やオリジナルイメージ登録機能、開通・解約などのオーダシステムなどが搭載される。

 このほか、特定プログラムによるリソースの大量消費による過負荷を防ぐために、リソースの配分機能を強化した。また、CPUの搭載数を従来の4倍、メモリ容量を2倍としている。拡張性の面でも、基本ディスク容量を3.3倍に拡張するととともに、最大ディスク容量も50Gバイトまで増設可能とした。さらに、これまで使用制限のあったiptablesやpingなど特定の機能やコマンドにも対応し、より専用サーバに近い環境を実現している。

 同社は、直販に加えVPSのOEMやASPサービスのプラットフォームとして、WebARENA SuitePROのリセール展開を2007年10月から実施予定。今後大きな拡大が見込まれるASP/SaaS市場における、日本最大のプラットフォームを目指すとしている。

TechTargetジャパンへのご登録はお済みですか?

「TechTargetジャパン」メンバーシップのご案内

会員登録を行うことで、300点以上の技術資料がそろったホワイトペーパーや興味・関心分野ごとに情報を配信するメールマガジン、ITmediaや@ITの特集記事がPDFでまとまって読める電子ブックレットなど、各種サービスを無料で利用できます。会員登録(無料)はこちらから


ITmedia マーケティング新着記事

テレビ放送と人流の相関を示すデータサービス クロスロケーションズが提供開始
テレビ番組やテレビCMをテキスト化・データベース化した「TVメタデータ」とGPSをベースと...

news014.jpg

マーケティング担当者を消耗させる「商品情報」の取り扱い どうすれば解決できる?
デジタルマーケティングに携わる人にとって頭痛の種になりがちなのが、商品情報に関する...

news165.jpg

日本のデジタル広告はビューアビリティーが低くフラウド率が高い――IAS調査
日本におけるモバイルWeb環境のアドフラウド率はディスプレイで2.3%、動画で2.9%に達し...