2007年10月01日 19時35分 UPDATE
ニュース

NEWSソフトバンク・テクノロジー、アイデンティティ管理システム「Secured AccountOne Ver3.0」を発売

さまざまな社内システムのアカウントを一元管理し、日本版SOX法で求められる内部統制対応と業務負荷軽減を同時に実現

[TechTarget]

 ソフトバンク・テクノロジーは10月1日、内部統制に対応するアイデンティティ管理システム「Secured AccountOne Ver3.0」を同日より発売したと発表した。本製品は、人事情報と連携することで各種システムのアカウント管理・権限管理をワンストップで実現するソフトウェア。部署や役職、雇用形態といった条件ごとにアクセス権限を初期設定することで、職務権限に沿ったアクセスコントロールを自動で行える。

 業務における各種申請を、使い慣れたWebブラウザから社員自身が行える「申請ワークフロー機能」により、総務部門やアカウント管理者の手間を削減。また、申請ワークフロー機能と合わせて内部統制対応に効果を発揮する「アカウント監査機能」を搭載し、「誰が・いつ」「どんなアカウントを利用したか」「アカウント発行を許可したのか」といったシステム権限の整合性をチェックできるとしている。

 本製品はもともとソフトバンクグループのアカウント管理・運用を行う中で管理工数削減を目的として開発されたもので、導入により同グループのアカウント管理コストは3分の1に低減したという。また、マイクロソフトが開発したプログラミング言語「Microsoft Visual Basic.NET」(VB.NET)ベースで開発可能な接続モジュールのAPIも公開している。

関連ホワイトペーパー

ID管理 | ソフトバンク | 内部統制 | 認証 | SOX法


ITmedia マーケティング新着記事

news023.jpg

Cookieによる効果測定に不足を感じる広告宣伝担当者が増加――サイカ調査
広告配信などにおけるCookie利用の制限が検討されています。一方で、企業の広告宣伝担当...

news018.jpg

「TikTok Ads」2019年の振り返りと2020年の展望
もう「踊ってみた」動画だけではない。急成長する広告配信プラットフォーム「TikTok Ads...

news112.jpg

「メルカリハイ」の謎を解く――4人に1人が100円以下の利益でもフリマアプリに出品
なぜ人は100円以下の少額利益でもフリマアプリに出品してしまうのか。謎を解く鍵は「承認...