2007年10月01日 19時35分 UPDATE
ニュース

NEWSソフトバンク・テクノロジー、アイデンティティ管理システム「Secured AccountOne Ver3.0」を発売

さまざまな社内システムのアカウントを一元管理し、日本版SOX法で求められる内部統制対応と業務負荷軽減を同時に実現

[TechTarget]

 ソフトバンク・テクノロジーは10月1日、内部統制に対応するアイデンティティ管理システム「Secured AccountOne Ver3.0」を同日より発売したと発表した。本製品は、人事情報と連携することで各種システムのアカウント管理・権限管理をワンストップで実現するソフトウェア。部署や役職、雇用形態といった条件ごとにアクセス権限を初期設定することで、職務権限に沿ったアクセスコントロールを自動で行える。

 業務における各種申請を、使い慣れたWebブラウザから社員自身が行える「申請ワークフロー機能」により、総務部門やアカウント管理者の手間を削減。また、申請ワークフロー機能と合わせて内部統制対応に効果を発揮する「アカウント監査機能」を搭載し、「誰が・いつ」「どんなアカウントを利用したか」「アカウント発行を許可したのか」といったシステム権限の整合性をチェックできるとしている。

 本製品はもともとソフトバンクグループのアカウント管理・運用を行う中で管理工数削減を目的として開発されたもので、導入により同グループのアカウント管理コストは3分の1に低減したという。また、マイクロソフトが開発したプログラミング言語「Microsoft Visual Basic.NET」(VB.NET)ベースで開発可能な接続モジュールのAPIも公開している。

関連ホワイトペーパー

ID管理 | ソフトバンク | 内部統制 | 認証 | SOX法


ITmedia マーケティング新着記事

news025.jpg

Criteo、Facebook、Googleショッピング広告が人気――フィードフォース「データフィード利用状況調査2019」
データフィードを活用している企業が利用する人気の媒体(フィード送信先)やその推移、...

news017.jpg

「アドネットワーク」と「プログラマティック広告」が混同されていないか
マーケターがブランドの価値を守りながら広告戦略を多様化させていくために必要なことと...

news017.jpg

消費財メーカーを悩ませる「店舗」という大問題、SaaSならどう解決できる?
小売業が激動する時代の消費財メーカーにSaaSができることは何か。Salesforceの新製品「C...