2007年11月02日 18時36分 公開
ニュース

ハンモック、FAX誤送信対策ソリューションにラインアップを追加NEWS

メールソフトからFAXを送信する際にもFAX番号マスタとの照合を行い、誤送信を防止する「TypeE」を発売

[TechTarget]

 ハンモックは11月2日、FAXサーバソフト「RightFax」を用いたFAX誤送信対策ソリューションの新ラインアップとして「TypeE」を追加し、11月30日より販売開始すると発表した。

 RightFaxは、SMTPメールサーバと連携する機能を標準搭載し、普段利用しているメールソフトでFAX送受信ができるFAXサーバソフト。TypeEはメールソフトからFAXを送信する際にFAX番号マスタとの照合を行うことで、番号誤入力による送信を防止するという。

 また、RightFaxはオプションの「Exchange Module」や「Lotus Notes Module」を追加することで、OutlookやNotesに専用のフォームが組み込まれ、より簡単な操作でFAXを送信できるとしている。

関連ホワイトペーパー

情報漏洩 | 業務効率


ITmedia マーケティング新着記事

Yahoo!広告がLINE広告と連携 「LINE NEWS」面への配信を開始
ヤフーとLINENが広告事業で初めての連携。

news019.jpg

人はなぜFacebookを離脱したくなるのか? プライバシー懸念を上回る理由
さまざまな懸念もよそに拡大する巨大SNS。一方でそこからログアウトする人々は何を思うの...

news117.jpg

化粧品の二次流通市場規模は推計1555億円――メルカリとアイスタイル調査
二次流通市場購入者の40.1%が、使ったことがない化粧品を試すための“トライアル消費”...