ハンモック、FAX誤送信対策ソリューションにラインアップを追加NEWS

メールソフトからFAXを送信する際にもFAX番号マスタとの照合を行い、誤送信を防止する「TypeE」を発売

2007年11月02日 18時36分 公開
[TechTarget]

 ハンモックは11月2日、FAXサーバソフト「RightFax」を用いたFAX誤送信対策ソリューションの新ラインアップとして「TypeE」を追加し、11月30日より販売開始すると発表した。

 RightFaxは、SMTPメールサーバと連携する機能を標準搭載し、普段利用しているメールソフトでFAX送受信ができるFAXサーバソフト。TypeEはメールソフトからFAXを送信する際にFAX番号マスタとの照合を行うことで、番号誤入力による送信を防止するという。

 また、RightFaxはオプションの「Exchange Module」や「Lotus Notes Module」を追加することで、OutlookやNotesに専用のフォームが組み込まれ、より簡単な操作でFAXを送信できるとしている。

関連ホワイトペーパー

情報漏洩 | 業務効率


ITmedia マーケティング新着記事

news035.jpg

低迷するナイキやアディダスを猛追する「HOKA」の “破壊的”ブランディングとは?
ランナーの間で好感度が低迷しているNikeに対し、ディスラプター(破壊的企業)として取...

news051.jpg

新紙幣の発行、3社に1社が日本経済に「プラスの影響」と回答――帝国データバンク調査
20年ぶりの新紙幣発行は日本経済にどのような影響を及ぼすのでしょうか。帝国データバン...

news196.png

WPPとIBMが生成AIを活用したB2Bマーケティング領域で連携
IBMのビジネス向けAIおよびデータプラットフォームである「watsonx」の機能を「WPP Open...