ハンモック、ビジネス向けメッセンジャー「AssetView TalkManager」を発表NEWS

オフィス内での利用に特化したインスタントメッセンジャーの提供により、フリーウェア利用によるリスクを回避

2007年08月20日 19時19分 公開
[TechTarget]

 ハンモックは8月20日、ビジネス向けセキュアメッセンジャー「AssetView TalkManager」の販売を8月31日より開始すると発表した。インスタントメッセンジャーのオフィス内利用は急激な増加傾向にある一方で、同社の独自調査によると97%の利用者が管理不可能なフリーウェアを利用しているという。このような背景から、同社はIT統制活動やセキュリティ対策レベルを損なうことなく、効果的なコミュニケーション手段を確立し業務効率の向上を図ることを目的にAssetView TalkManagerを開発したとしている。

 本製品は、在席確認や複数ユーザーへの一括メッセージ送信、PtoP形式によるユーザー間でのファイル転送といった、インスタントメッセンジャーとしての基本機能を搭載するほか、「ユーザーやグループの一括管理」「ファイル転送時の各種制限設定」「会話やファイル転送記録のログ管理および集計機能」など、システム管理者の視点に立った管理機能も装備している。新規、追加購入ともに10ライセンス単位での販売となり、50〜90ライセンスの場合、標準価格は5万5000円(10ライセンス当たり)、年間保守費用が8250円(10ライセンス当たり)となる。

ITmedia マーケティング新着記事

news016.png

「サイト内検索」&「ライブチャット」売れ筋TOP5(2024年4月)
今週は、サイト内検索ツールとライブチャットの国内売れ筋TOP5をそれぞれ紹介します。

news115.jpg

コカ・コーラ流 生成AIをマーケティングに活用する方法(無料eBook)
生成AIがこれからのマーケティングをどう変えるのかは誰もが注目するテーマ。世界最先端...

news080.jpg

DIORが本気で挑むラグジュアリー体験としてのAR
広告プラットフォームのTeadsがAR(拡張現実)とAI(人工知能)技術を応用したサービスを...