2007年08月20日 19時19分 公開
ニュース

ハンモック、ビジネス向けメッセンジャー「AssetView TalkManager」を発表NEWS

オフィス内での利用に特化したインスタントメッセンジャーの提供により、フリーウェア利用によるリスクを回避

[TechTarget]

 ハンモックは8月20日、ビジネス向けセキュアメッセンジャー「AssetView TalkManager」の販売を8月31日より開始すると発表した。インスタントメッセンジャーのオフィス内利用は急激な増加傾向にある一方で、同社の独自調査によると97%の利用者が管理不可能なフリーウェアを利用しているという。このような背景から、同社はIT統制活動やセキュリティ対策レベルを損なうことなく、効果的なコミュニケーション手段を確立し業務効率の向上を図ることを目的にAssetView TalkManagerを開発したとしている。

 本製品は、在席確認や複数ユーザーへの一括メッセージ送信、PtoP形式によるユーザー間でのファイル転送といった、インスタントメッセンジャーとしての基本機能を搭載するほか、「ユーザーやグループの一括管理」「ファイル転送時の各種制限設定」「会話やファイル転送記録のログ管理および集計機能」など、システム管理者の視点に立った管理機能も装備している。新規、追加購入ともに10ライセンス単位での販売となり、50〜90ライセンスの場合、標準価格は5万5000円(10ライセンス当たり)、年間保守費用が8250円(10ライセンス当たり)となる。

ITmedia マーケティング新着記事

news030.jpg

コンテンツSEOでやらかしてしまいがちな3つの勘違い
ITmedia マーケティングで2021年3月に連載して多くの反響をいただいた「勘違いだらけのEC...

news158.jpg

「リベンジ消費」は限定的、コロナ禍以前の状態に完全に戻ると考える人はわずか25%――野村総合研究所調査
コロナ禍が収束した場合の生活者の消費価値観や生活行動はどうなるのか。野村総合研究所...

news176.jpg

Teslaが成長率1位、LVMHグループ5ブランドがランクイン 「Best Global Brands 2021」
毎年恒例の世界のブランド価値評価ランキング。首位のAppleから10位のDisneyまでは前年と...