2007年07月06日 05時00分 UPDATE
特集/連載

ColumnIM導入時のセキュリティ・ベストプラクティス

企業にとって、重要なコミュニケーションツールになりつつあるIM。高い費用を掛けずにIMをセキュアにするためのアドバイスとベストプラクティスを紹介する。

[Joel Dubin,TechTarget]

 インスタントメッセージング(IM)は、中堅・中小企業(SMB)にとって、社内外のコミュニケーション用として便利なツールである。コストも掛からず、導入も簡単だ。

 しかしIMがセキュアに構成されていないと、社外との接続が高くつくことがある。ウイルスやトロイの木馬などのマルウェアはIMに便乗することにより、電子メールの添付ファイルを利用するよりもはるかに簡単に社内のネットワークに侵入できるのだ。IMメッセージに悪質なWebサイトへのリンクが含まれていたり、IMを通じて機密データが外部に流出したりする恐れもある。IM経由のSPAM(SPIMとも呼ばれる)も脅威である。

 このため、IMにはセキュリティ対策が欠かせない。高い費用を掛けずにIMをセキュアにするためのアドバイスとベストプラクティスを以下に紹介する。

ITmedia マーケティング新着記事

news046.jpg

F1層(20〜34歳女性)に聞く「タピオカドリンクを飲む理由」――ミュゼマーケティング調べ
タピオカドリンクを購入する理由などを、20〜34歳女性1764人にリサーチしています。

news043.jpg

「GAFA」を脅威と言う前に正しく理解する――オプトホールディング鉢嶺 登氏インタビュー
『GAFAに克つデジタルシフト』(日本経済新聞出版社)を上梓したオプトホールディング代...

news015.jpg

ラグビーに関心を持つ人が急増――マクロミルと三菱UFJリサーチ&コンサルティングが調査
「2019年スポーツマーケティング基礎調査」の結果から速報値を紹介します。