スカイコム、認証機能などを搭載したセキュアプリントシステムを発表NEWS

ICカードによる本人認証機能、PDFによるイメージログ機能、アクセスログ機能を搭載。印刷物による情報漏えいの抑止と印刷コスト削減を両立する

2007年11月27日 20時31分 公開
[TechTarget]

 スカイコムは11月27日、ICカードによる本人認証機能、PDFによるイメージログ機能およびアクセスログ機能を搭載したマルチベンダー対応のセキュアプリントシステム「ザ関所」の販売を開始した。

 本システムは、すでに企業に設置されているプリンタを生かしつつ、印刷物からの情報漏えいを抑止するソリューション。プリンタに接続したICカードリーダで本人認証を行った後に印刷を行うため、取り忘れを始めとする重要書類の紛失・盗難を抑止できる。同社独自開発のクライアントPC用ドライバソフト「Sky Universal Printer」により、既存プリンタメーカー/機種に対応する。

 また、印刷と同時に文書をPDF化してイメージログとして記録することで、「誰が、いつ、どんなデータを印刷したか」を判別でき、印刷履歴の監査が可能になるという。万一、印刷物の情報漏えいが発生しても、印刷日時、印刷者IDなどで検索して追跡調査できる。また、同社によると印刷履歴の取得は不必要な印刷を抑制し、印刷費の削減にも効果的としている。販売価格は最小構成(スタートキット)で383万2500円から。

関連ホワイトペーパー

情報漏洩 | 認証 | ICタグ


ITmedia マーケティング新着記事

news035.jpg

低迷するナイキやアディダスを猛追する「HOKA」の “破壊的”ブランディングとは?
ランナーの間で好感度が低迷しているNikeに対し、ディスラプター(破壊的企業)として取...

news051.jpg

新紙幣の発行、3社に1社が日本経済に「プラスの影響」と回答――帝国データバンク調査
20年ぶりの新紙幣発行は日本経済にどのような影響を及ぼすのでしょうか。帝国データバン...

news196.png

WPPとIBMが生成AIを活用したB2Bマーケティング領域で連携
IBMのビジネス向けAIおよびデータプラットフォームである「watsonx」の機能を「WPP Open...