インフォマニア、成り済ましメール防止サービスをASPで提供NEWS

送信ドメイン認証(DKIM)技術を利用した「DKIM filter」の提供を開始。民主党も実装完了

2007年12月03日 19時05分 公開
[TechTarget]

 インフォマニアは12月3日、送信ドメイン認証(DKIM)技術を利用して成り済ましメールを防ぐサービス「DKIM filter」の提供を開始したと発表した。

 本サービスは、メールサーバ本体への実装なしに、簡単な設定変更のみでDKIMによるドメイン認証を実現するASPサービス。DKIMに対応できる技術者がいない企業でも、成り済ましメールやフィッシング詐欺メールに対応できるよう設計されているという。

 DKIM filterには主要な機能が2つある。1つは、同社が指定するDKIMサーバ経由でメールを送信することにより、送信時にDKIMによる電子署名をメールヘッダに付与してメールの正当性を認証できるようにする機能。もう1つは、利用ドメインのMX(Mail eXchange)レコードを同社のDKIMサーバに変更し、認証後に元のサーバに転送することで受信時にほかのDKIM対応サーバからのメールを認証する機能である。

 送信側はDKIMのほか、SPF(Sender Policy Framework)とSender IDにも同時に対応可能。また、受信側はDKIMのほかにDomainKeysやSender ID、SPFをサポートしており、相手サーバに合わせた一通りの認証が可能となっている。

サービスの提供単位はドメインごととなっており、利用料金は初期設定費用20万円(1ドメイン)、月額10万円(100メールアドレスまで)。なお、本サービスは民主党がドメインの信頼性維持向上のために試験的に導入を決め、すでに実装が完了しているという。

関連ホワイトペーパー

ドメイン | 認証 | ASP | フィッシング


ITmedia マーケティング新着記事

news035.jpg

低迷するナイキやアディダスを猛追する「HOKA」の “破壊的”ブランディングとは?
ランナーの間で好感度が低迷しているNikeに対し、ディスラプター(破壊的企業)として取...

news051.jpg

新紙幣の発行、3社に1社が日本経済に「プラスの影響」と回答――帝国データバンク調査
20年ぶりの新紙幣発行は日本経済にどのような影響を及ぼすのでしょうか。帝国データバン...

news196.png

WPPとIBMが生成AIを活用したB2Bマーケティング領域で連携
IBMのビジネス向けAIおよびデータプラットフォームである「watsonx」の機能を「WPP Open...