2008年02月18日 20時31分 公開
ニュース

日立と日本CA、指静脈認証によるWebアプリのSSOシステムを共同開発NEWS

日立の「指静脈認証管理システム」と日本CAの「CA SiteMinder Web Access Manager」を連携。情報システムを利用する際に必要なパスワード入力を指静脈認証に代替しセキュリティを強化する。

[ITmedia]

 日立製作所と日本CAは2月18日、ユーザーの利便性とセキュリティレベルの向上を実現する「セキュアシングルサインオンシステム」を共同で開発し、同日より提供を開始した。

 セキュアシングルサインオンシステムは、日立の指静脈認証技術を活用した「指静脈認証管理システム」と、日本CAのWebアプリケーションアクセス管理製品「CA SiteMinder Web Access Manager」(以下、CA SiteMinder)を連携させたシステム。Webアプリケーションシステムを利用する際に必要なパスワード入力を指静脈認証で代替し、一度の認証で複数のアプリケーションを利用できるシングルサインオン(SSO)を実現する。また、CA SiteMinderの機能により、システムのアクセス制御やその記録を一元管理できる。

指静脈認証管理システムとCA SiteMinderによるセキュアシングルサインオンシステムの概要

 生体認証を採用することで利用者の利便性が向上し、第三者によるなりすましを防げるほか、IT内部統制整備への対応や、アクセスの一元管理による情報システム運用コストの削減が可能になるとしている。 

 価格は個別見積もりとなる。

ITmedia マーケティング新着記事

news131.jpg

星野リゾートの「市場との対話の仕組み」とは?
新型コロナウイルス感染症(COVID-19)拡大という大ピンチに観光・宿泊業が生き残る鍵と...

news155.jpg

2020年上期インターネット広告市場動向と下期業種別出稿動向予測――サイバー・コミュニケーションズ調査
国内のデジタルマーケティング業界の関係者を対象にした、新型コロナ禍におけるインター...

news162.jpg

「ダークソーシャル」はユーザーの行動にどれだけ影響するか――ホットリンク調べ
DM(ダイレクトメッセージ)をきっかけとする消費者行動の実態とは。