2008年03月07日 19時48分 公開
ニュース

蒼天、社員の実勤務時間を証明するクライアント管理ソフトの最新版NEWS

エージェントレス方式のクライアント管理ソフト「LogVillage 2.0」のクライアントPC稼働時間管理機能を強化。勤怠記録と執務時間の差異がないことを証跡として残すことができる。

[TechTarget]

 蒼天は3月7日、「LogVillage 2.0」の最新版「LogVillage2.0 v2.010」の販売を開始した。

 LogVillage 2.0は、管理対象のクライアントPCにエージェント(常駐ソフト)をインストールせずに、稼働管理、資産管理、操作ログ収集、ファイル管理を行うことができるクライアント管理ソフトウェア。

 最新版ではクライアントPCの稼働時間管理機能を強化。Windowsのログオンとログオフのタイミングをログ情報として記録することにより、クライアントPCごとの実稼働時間を参照することができる。

 また、ログ解析機能も強化しており、ユーザーがログオフせずにPCをシャットダウンした場合でもログオフ情報の取得が可能。ノートPCを社外へ持ち出した場合も、社内ネットワークへの再接続時に外出先でのシャットダウン記録を収集できる。さらに、Windows OSの主要プロセスの起動時間をログ化することで、ログオフやシャットダウンを行わずにスタンバイや休止モードにして退勤した場合でも、PCの稼働時間を把握できる。

 ライセンス価格は前バージョンと変更なく、基本パッケージ(PC50台まで)が42万5000円(税抜き)から。なお、管理対象のクライアント数およびオプション機能の選択により価格は変動する。

関連ホワイトペーパー

ビジネスPC | 内部統制 | ログ管理 | SOX法


ITmedia マーケティング新着記事

news111.jpg

NECが取り組む営業のデジタルシフト 「会えば何かが起こる」から「先に課題を提示できる」営業へ
新型コロナウイルス感染症(COVID-19)拡大に伴い企業活動の在り方も大きな変更を迫られ...

news137.jpg

「メディアの伝えることの信頼性が気になった」65.1%――博報堂DYメディアパートナーズ調査
「緊急事態宣言解除後のメディア接触調査」の結果から見えてきた3つのこととは。

news055.jpg

外出自粛による「孤立感」は案外低く「所有意向」は上昇 新型コロナによる意識変化――日本テラデータ調査
新型コロナウイルスと関連した消費者の不安、不自由、孤立、情報について日本の消費者を...