2008年04月16日 18時17分 公開
ニュース

日立がクライアントブレード新モデル、電源管理効率化で最大65%の省電力化NEWS

クライアントブレード「FLORA bd100」の新モデルと省電力運用ソフトウェア「SAVINGDA Pro」の販売を開始した。

[TechTargetジャパン]

 日立製作所は4月16日、シンクライアント技術を活用して情報漏えいを防止する「セキュアクライアントソリューション」において、クライアントブレード「FLORA bd100」の新モデル(モデル名:100X6)の販売を開始した。同時に省電力運用ソフトウェア「SAVINGDA Pro」の販売も開始している。FLORA bd100、SAVINGDA ProおよびセキュリティPC「FLORA Se330」を組み合わせたセキュアクライアントソリューションの利用により、従来PCと比較して最大65%の省電力化が可能だ。

 FLORA bd100はクライアントPCの機能をブレード型の装置に集約し、データセンターでの統合管理を可能としたもの。1台のベースユニットに最大14枚のクライアントモジュールを搭載し、100台以上のPCをフルラックに集約できる。セキュリティPC「FLORA Seシリーズ」と組み合わせることで情報漏えい防止を図るほか、テレワークなどの新しいワークスタイルを実現する。価格はクライアントモジュールが12万3900円から、ベースユニットが21万円から(ともに税込み)。出荷開始は5月23日を予定している。

画像 FLORA bd100

 SAVINGDA Proはあらかじめユーザーの設定したスケジュールによるコンピュータの電源管理や省電力効果の可視化など、コンピュータの省電力に役立つ機能を提供するソフトウェア。コンピュータの電源投入、負荷の掛かるスキャンディスク、ウイルスチェックなどを業務開始前に完了させておくことができる。価格は5250円(税込み)で、5月23日に出荷開始予定。

関連ホワイトペーパー

運用管理 | 情報漏洩 | 日立製作所 | シンクライアント


ITmedia マーケティング新着記事

news111.jpg

NECが取り組む営業のデジタルシフト 「会えば何かが起こる」から「先に課題を提示できる」営業へ
新型コロナウイルス感染症(COVID-19)拡大に伴い企業活動の在り方も大きな変更を迫られ...

news137.jpg

「メディアの伝えることの信頼性が気になった」65.1%――博報堂DYメディアパートナーズ調査
「緊急事態宣言解除後のメディア接触調査」の結果から見えてきた3つのこととは。

news055.jpg

外出自粛による「孤立感」は案外低く「所有意向」は上昇 新型コロナによる意識変化――日本テラデータ調査
新型コロナウイルスと関連した消費者の不安、不自由、孤立、情報について日本の消費者を...