EDコントライブ、外へのデータコピーをブロックするUSBメモリNEWS

社外に持ち出してもUSBメモリ内でのみデータの閲覧・編集ができるように制限することで、Winnyなどによる情報漏えいを防ぐことが可能。

2008年05月09日 19時44分 公開
[TechTargetジャパン]

 イーディーコントライブは、社外でのデータ漏えいを防ぐセキュリティ機能付きUSBメモリ「SD-Shelter」を6月初旬に発売する。データ利用を制限するソフトウェアをUSBメモリ内に格納して、社外PCでの利用時にメモリ以外へのデータ保存を禁止することで、情報漏えいを防ぐ。

画像 SD-Shelter

 SD-Shelterは、パスワードやハードウェアレベルでの強制暗号化(256ビットAES)の機能により、紛失時のデータセキュリティを保護するUSBメモリ。パスワードの有効期限や使用文字数、入力ミスの許可回数など、管理者が独自のポリシーを設定できる。

 同製品では、2種類のドライバソフトウェアを用意して社内外のデータ利用を制御する。社内用のドライバは、USBメモリを利用するPCにインストールすることで、PC・USBメモリ間でデータの読み書きが任意に行える。また、社外向けのデータ閲覧/編集用ドライバをあらかじめUSBメモリ内に格納しており、例えば自宅PCにメモリを接続した際にドライバがインストールされると、USBメモリ内でのみ読み書きが許可され、PCにデータが保存できないようになる。自宅PCにWinnyなどのファイル交換ソフトがインストールされていても、業務用データが外部に拡散してしまう恐れがない。

 SD-Shelterの容量は512Mバイト、1Gバイト、2Gバイト、4Gバイト、8Gバイトの5種類。Windows Vista/XP SP2/2000 Professional SP4が稼働するPCのUSB 2.0ポートで利用できる。価格はオープン。追加用、管理者ツール用ライセンスなども用意される。

関連ホワイトペーパー

情報漏洩 | パスワード | 暗号化


ITmedia マーケティング新着記事

news079.jpg

狙うは「銀髪経済」 中国でアクティブシニア事業を展開する企業とマイクロアドが合弁会社を設立
マイクロアドは中国の上海東犁と合弁会社を設立。中国ビジネスの拡大を狙う日本企業のプ...

news068.jpg

社会人1年目と2年目の意識調査2024 「出世したいと思わない」社会人1年生は44%、2年生は53%
ソニー生命保険が毎年実施している「社会人1年目と2年目の意識調査」の2024年版の結果です。

news202.jpg

KARTEに欲しい機能をAIの支援の下で開発 プレイドが「KARTE Craft」の一般提供を開始
サーバレスでKARTEに欲しい機能を、AIの支援の下で開発できる。