フリーアドレスを超えるワークスタイルを実現した「放牧型」無線LAN無線LAN導入事例

2008年5月に誕生したシグマクシス。「いつでも、どこでも、誰とでも」が可能なワークスタイルを手に入れるには、既成概念にとらわれない、自由かつ安全な無線LAN環境とセキュリティの仕組みが必要だった。

2008年12月11日 08時00分 公開
[池田冬彦]

“どこでも、誰とでも”を実践するために

 シグマクシスは2008年5月に、三菱商事とRHJインターナショナルジャパンの出資で誕生したコンサルティング企業だ。同社はITコンサルタント、システムインテグレーター、顧客の情報システム部門とがリスクを共有し、コラボレーションを主体とした新たな価値創造を目指している。オフィス開設に当たっては、それを本当に具現化し得るオフィス、ワークスタイルをデザインすることが必要だった。

ITmedia マーケティング新着記事

news101.jpg

郵送業務を電子化する理由 3位「テレワークへの対応」、2位「業務の迅速化・省力化」で1位は?――リンクス調査
キャンペーンのお知らせや新商品の紹介のダイレクトメールなど、個人宛てに送付する郵便...

news172.png

WACULが「AIアナリストSEO」を大幅刷新 コンテンツ作成×外部対策×内部対策×CVR改善をワンストップで支援
月額30万円でAI技術を活用したコンテンツ制作、約4万サイトの支援データ、熟練コンサルタ...

news150.jpg

SFAツール「Kairos3 Sales」にモバイルアプリ版 訪問営業の生産性向上へ
モバイルアプリ上で、リアルタイムで営業活動の確認・記録が可能になる。