ヤマハ、PCのセキュリティ状態をチェックするルータ機能を無償提供NEWS

ヤマハとトレンドマイクロが中小企業向けIT分野で協業。SOHOルータとウイルス対策製品を連携させ、セキュリティ状態をチェックしてポリシー違反のPCのWebアクセスを制限する仕組みを提供する。

2008年12月17日 09時00分 公開
[TechTargetジャパン]

 ヤマハとトレンドマイクロは12月16日、中小企業向けセキュリティ対策ソリューションで協業すると発表した。SOHO向けセキュリティルータと統合セキュリティ対策ソフトを連携させる仕組みを提供して、セキュリティ強化の一助とする。

 両社は協業の最初の成果として、ヤマハのフィルタリング機能搭載ルータ「SRT100」とトレンドマイクロの統合セキュリティソフト「ウイルスバスターコーポレートエディション 8.0」(以下、ウイルスバスター)および「Trend Micro ビジネスセキュリティ 5.0」(以下、ビジネスセキュリティ)を動作連携させ、ルータがPC端末のセキュリティ対策状況をチェックし通信を制限する仕組みを提供。

画像 SRT100による端末ポリシーチェック機能

 具体的には、ルータのポリシーチェック機能を使ってウイルスバスター/ビジネスセキュリティの管理サーバ上のセキュリティ情報を参照し、両ソフトがインストールされていない、あるいはウイルス定義ファイル(パターンファイル)が古いままの持ち込みPCなどを対象に、外部への通信をルータ側で遮断・リダイレクトするというもの。HTTP接続をブロックすることにより、昨今深刻化しているWebを介したPCのウイルス感染を未然に防ぐことができる。その際、PC側に常駐ソフトを導入したりネットワーク構成を変更したりする必要はなく、運用コストや手間が省けるという。

 ヤマハは、この動作連携を可能にするSRT100用のファームウェアを2009年1月中に同社のWebサイトを通じて無償提供する。

 ヤマハはSOHO向けルータ市場においてトップシェアを持つ(IDC Japan、2008年3月度調査より)。同社はSRT100について、本協業による今後1年間の販売増を3000台と見込んでいる。

ITmedia マーケティング新着記事

news101.jpg

郵送業務を電子化する理由 3位「テレワークへの対応」、2位「業務の迅速化・省力化」で1位は?――リンクス調査
キャンペーンのお知らせや新商品の紹介のダイレクトメールなど、個人宛てに送付する郵便...

news172.png

WACULが「AIアナリストSEO」を大幅刷新 コンテンツ作成×外部対策×内部対策×CVR改善をワンストップで支援
月額30万円でAI技術を活用したコンテンツ制作、約4万サイトの支援データ、熟練コンサルタ...

news150.jpg

SFAツール「Kairos3 Sales」にモバイルアプリ版 訪問営業の生産性向上へ
モバイルアプリ上で、リアルタイムで営業活動の確認・記録が可能になる。