「安心と軽快を追求」、より軽くなったウイルスバスター2009 NEWS

トレンドマイクロは個人向けウイルス対策ソフトの新版をリリース。キー入力を暗号化する機能の搭載や、メモリ使用量を減らしたのが特徴だ。

2008年09月10日 18時22分 公開
[堀見誠司,TechTargetジャパン]

 トレンドマイクロは9月10日、個人向けウイルス総合対策ソフトの新版「ウイルスバスター2009」を発表した。ダウンロード販売は同日より、パッケージ販売は9月19日より開始する。新規・更新を含めトータルで950万ユーザーの販売を見込む。

画像 ウイルスバスター2009の開発コンセプトは「さらに安心、しかも軽快」

 ウイルスバスター2009の目玉はPCのリソース消費量を大幅に抑えたこと。従来版に比べメモリの使用量を45%削減したという。さらに、「CPUの使用量も減らした」(プロダクトマーケティングマネジャー、長島理恵氏)。

 セキュリティ機能面では、個人情報保護対策を強化。PCに常駐してキーの入力情報を盗むスパイウェア、キーロガー対策として、Webブラウザでのパスワードの入力情報を独自のSSL技術で128ビット暗号化する機能を新たに搭載した。また、企業向けソフトなどにも採用された「Webレピュテーション」も拡張している。Webレピュテーションは、サイトの信頼性を評価し、Webブラウザ上でURLを危険度に応じて色分けして表示する機能で、今回、マルウェア侵入経路となる電子メール/WebメールやIM(インスタントメッセージ)でも利用できるようにした。

画像 メッセンジャーやWebメールに記載されたURL情報に対してもその信頼性を評価し、ユーザーが不用意にクリックしないようにする《クリックで拡大》

 そのほか、Windowsレジストリクリーニング機能、ゲームやDVD鑑賞など全画面表示中に警告のポップアップやスキャンを行わない「サイレントモード」機能もサポートした。

画像 製品発表会の席上で「SNS、ブログなどWebを介した攻撃が増えており、企業より個人の方が不正プログラムの脅威にさらされている」と語る取締役 日本地域担当の大三川彰彦氏

 価格はオープンプライス。オンラインショップの販売価格は、1年サポート版が5980円、3年サポート版が1万2800円、ダウンロード版が4980円から(いずれも税別)。保険やPC導入サポートを付帯した初心者向けエディション(パッケージは7980円から)も併せて発売する。

ITmedia マーケティング新着記事

news058.jpg

Z世代が旅に求める「令和的非日常」とは?
JTBコミュニケーションデザインと伊藤忠ファッションシステムが、Z世代の旅に関する意識...

news094.jpg

電通が「AI×クリエイティブ」の強みを生かしたビジネスコンサルティングサービスを提供開始
電通は「AI×クリエイティブ」で企業の事業やサービスの開発を支援する新サービス「AIQQQ...

news053.jpg

「docomo Ad Network」 高LTVユーザーのみに広告配信ができる顧客セグメントを追加
D2Cは顧客生涯価値が高くなることが見込まれるセグメントを抽出し、新たなセグメント情報...