2009年01月08日 09時00分 公開
ニュース

年末年始のWinnyノード数、前年比で2割減――ネットエージェント調べNEWS

ネットエージェントの調査によると、2008年から2009年にかけての年末年始に観測されたWinnyのノード数は1年前に比較して約20%減少。2007年から漸減傾向にあるという。

[TechTargetジャパン]

 セキュリティ対策ベンダーのネットエージェントは1月7日、WinnyやShareといったP2P型ファイル交換ソフトの年末年始における利用状況について調査リポートを明らかにした。調査期間は2008年12月27日から2009年1月4日までで、1年前に比べてWinnyのノード(ファイル交換ソフトをインストールして稼働中の、ネット接続されたPC)数は約20%減、Shareのノード数は約10%増という結果となった。

 同社独自の検知システムを利用した調査によると、調査期間中のWinnyノード数は1日平均約24万。2007〜2008年の年末年始における検知ノード数と比較しておよそ80%に減少している。2007年度中期以降、利用者が緩やかに減っており、その傾向は現在まで継続しているという。

画像 Winnyノード数の推移(期間:2008年12月27日〜2009年1月4日 ネットエージェントのリポートより)《クリックで拡大》

 一方、Shareノード数については1日平均約17万ノードと、2007〜2008年同期比でおよそ110%となっており、2008年の、利用者が増えやすいゴールデンウイーク期間中と比べて微増している。Shareをめぐっては2008年5月と11月に著作権法違反容疑による逮捕者が出たが、共にアップロードを主体とした行為であったため、これらの案件はダウンロード行為が主体の一般利用者にはそれほど影響しなかったと同社はみている。

画像 Shareノード数の推移(期間:2008年12月27日〜2009年1月4日 ネットエージェントのリポートより)《クリックで拡大》

 同時に、同社はファイル交換ソフト「LimeWire」「Cabos」の検知ノード数も発表。同調査期間中これらが稼働していたノード数は1日平均約260万と、Winny・Shareの合計ノード数の6倍以上という高い値になったが、そのほとんどは欧米の利用者が中心となっている。

関連ホワイトペーパー

P2P | セキュリティ対策 | 情報漏えい


ITmedia マーケティング新着記事

news155.jpg

「エシカル」に積極的な企業は「良い印象」が9割以上――トレンダーズ調査
今後ますます注目が集まると考えられる「エシカル消費」。年代や性別ごとの意識の違いや...

news157.jpg

国内コネクテッドテレビ広告市場、2020年は102億円規模に――SMNとデジタルインファクト調査
テレビ同様の視聴体験を提供しつつインターネット広告同様に計測可能な国内コネクテッド...

news127.jpg

GAFAの序列変動やSpotify、Zoomなどの動向に注目 「Best Global Brands 2020」
世界のブランド価値評価ランキング。Appleは8年連続1位で前年2位のGoogleは4位に後退しま...