2006年05月24日 14時43分 公開
特集/連載

Winnyウイルスが企業に与える被害と対策の現状Winnyウイルスから機密情報を守れ!【第2回】

 顧客情報などに代表される企業の機密情報の流出は、Winnyウイルスの登場以前から発生している。では、実際に個人情報が流出してしまった場合、企業はどのようなダメージを受けるのかを検証してみよう。

[吉澤 亨史,TechTarget]

 Winnyウイルスの感染を原因とする情報流出事件が後を絶たず、毎日のようにニュースになっている。また、Winnyウイルス自体の亜種も次々と登場し、感染したときの影響範囲も拡大傾向にある。さらに、Winnyそのものにバッファオーバーフローの脆弱性が発見されるなど、この脆弱性を狙うウイルスが登場したら、大規模な被害が発生する可能性がある。

 Winnyによる通信を規制しようとしたISPに、総務省が「通信の秘密の侵害に抵触する可能性がある」として待ったをかけるなど、有効な対策法が確立していない現在、企業は自分で身を守らなければならない。Winnyによる情報流出は、従来の攻撃やワームが原因の情報流出とは異なり被害規模は小さめだ。しかしWinnyが原因となると、あまりよいイメージは持たれない。そこで今回は、実際に情報流出が発生してしまった場合、企業はどの程度のダメージを受けるものなのか、「金額的な部分」から検証を行ってみよう。

ITmedia マーケティング新着記事

news155.jpg

2020年上期インターネット広告市場動向と下期業種別出稿動向予測――サイバー・コミュニケーションズ調査
国内のデジタルマーケティング業界の関係者を対象にした、新型コロナ禍におけるインター...

news162.jpg

「ダークソーシャル」はユーザーの行動にどれだけ影響するか――ホットリンク調べ
DM(ダイレクトメッセージ)をきっかけとする消費者行動の実態とは。

news155.jpg

東京五輪を「訪日観戦したい」 中国58.4%、米国21.0%――ブレインパッド調べ
東京五輪に関して世界の2大国で意識調査。米中ともに約半数が東京五輪の開催を希望してお...