2009年02月27日 09時00分 UPDATE
ニュース

NEWSソニックウォールCEOが来日 「ソフトウェアも大切」

UTMベンダー、米SonicWALLのマデイロスCEOが来日し、今後の方向性や日本向けの施策などについて語った。

[堀見誠司,TechTargetジャパン]

 「アプリケーションセキュリティにも力を入れたい」――。来日した米SonicWALL 社長兼CEOのマット・マデイロス氏は2月26日の記者発表会で、今後はセキュリティソフトウェアにも投資していく意向を示した。

画像 米SonicWALLのマデイロス社長兼CEO。同氏によると、2008年はハードウェア製品販売以外によるサブスクリプションベースの売り上げが伸長した

 同社は中小企業向けにUTM(統合脅威管理)アプライアンス製品を提供してきたが、ここ数年は中堅企業や大企業向けのハイエンド機の開発・販売に注力している(関連記事参照)。特許も取得したDPI(通過するパケットを再構築なしで精査するファイアウォール技術)をUTMに搭載したり業界に先駆けて16コアのマルチコアCPU搭載モデルを投入するなど高機能化路線を積極展開し、「セキュリティアプライアンスの市場シェア(2008年 IDC調べ)ではシスコシステムズ、ジュニパーネットワークスといった大手の競合に打ち勝った」(同氏)

 現在はハードウェアの研究開発に投資している一方で、今後の方向性としてセキュリティソフトウェアの開発、特にWebアプリケーションの保護やメールセキュリティにも力を入れるという。アプリケーション層でフィルタリングやアクセスコントロールを可能にするファイアウォール機能は製品に実装済みだが、昨今猛威を振るうSQLインジェクション攻撃を検知・ブロックするWAF(Webアプリケーションファイアウォール)の開発も検討している。

 また国内向けの施策としては、トレーナー認定プログラムの日本語化やスタッフによる実機トレーニング、リセラー/システムインテグレーターへの支援強化、サポートサービス機能の拡充などを実施するという。

ITmedia マーケティング新着記事

news112.jpg

「メルカリハイ」の謎を解く――4人に1人が100円以下の利益でもフリマアプリに出品
なぜ人は100円以下の少額利益でもフリマアプリに出品してしまうのか。謎を解く鍵は「承認...

news049.jpg

買い物場所の使い分け調査2019――日本能率協会総合研究所
コンビニエンスストア、ドラッグストア、100円ショップなど業態別利用実態と「そこで買う...

news060.jpg

セブン&アイが自社にデータドリブンカルチャーを醸成するために使う「Tableau Blueprint」とは?
データドリブン組織を実現するための標準的な計画手順、推奨事項、ガイドラインをまとめ...