2009年02月27日 09時00分 公開
ニュース

ソニックウォールCEOが来日 「ソフトウェアも大切」NEWS

UTMベンダー、米SonicWALLのマデイロスCEOが来日し、今後の方向性や日本向けの施策などについて語った。

[堀見誠司,TechTargetジャパン]

 「アプリケーションセキュリティにも力を入れたい」――。来日した米SonicWALL 社長兼CEOのマット・マデイロス氏は2月26日の記者発表会で、今後はセキュリティソフトウェアにも投資していく意向を示した。

画像 米SonicWALLのマデイロス社長兼CEO。同氏によると、2008年はハードウェア製品販売以外によるサブスクリプションベースの売り上げが伸長した

 同社は中小企業向けにUTM(統合脅威管理)アプライアンス製品を提供してきたが、ここ数年は中堅企業や大企業向けのハイエンド機の開発・販売に注力している(関連記事参照)。特許も取得したDPI(通過するパケットを再構築なしで精査するファイアウォール技術)をUTMに搭載したり業界に先駆けて16コアのマルチコアCPU搭載モデルを投入するなど高機能化路線を積極展開し、「セキュリティアプライアンスの市場シェア(2008年 IDC調べ)ではシスコシステムズ、ジュニパーネットワークスといった大手の競合に打ち勝った」(同氏)

 現在はハードウェアの研究開発に投資している一方で、今後の方向性としてセキュリティソフトウェアの開発、特にWebアプリケーションの保護やメールセキュリティにも力を入れるという。アプリケーション層でフィルタリングやアクセスコントロールを可能にするファイアウォール機能は製品に実装済みだが、昨今猛威を振るうSQLインジェクション攻撃を検知・ブロックするWAF(Webアプリケーションファイアウォール)の開発も検討している。

 また国内向けの施策としては、トレーナー認定プログラムの日本語化やスタッフによる実機トレーニング、リセラー/システムインテグレーターへの支援強化、サポートサービス機能の拡充などを実施するという。

ITmedia マーケティング新着記事

news148.jpg

コロナ禍で「たすけあいの意識」が高まったと回答した人が66.9%――こくみん共済 coop調査
コロナ禍の意外な効用? 人と人との「たすけあい」の気持ちが強くなっているという調査...

news056.jpg

企業コミュニケーションの「ニューノーマル」を語ろう
マーケティングやPRの従事者は今、かつてない難問を突きつけられている。「3密」回避など...

news051.jpg

ミレニアル世代・Z世代の離職意向が低下、コロナ禍を機に精神的健康も改善――Deloitte調査
世界各国のミレニアル・Z世代約2万7500人を対象にした年次調査。今回は新型コロナウイル...