2009年06月23日 08時00分 公開
特集/連載

PCのHDD圧縮は果たして行うべきか否か圧縮した方がパフォーマンスが向上するという説も

ファイル圧縮にはHDD容量の節約というメリットがあるが、トレードオフとしてシステムパフォーマンスが低下すると一般的には考えられている。しかし、場合によっては逆にパフォーマンスが向上するという説もある。

[Brien M. Posey,TechTarget]

 最近、ある技術カンファレンスで友人と夕食を共にしたとき、HDDの圧縮が話題に上った。その友人は、マシンのパフォーマンスを改善する方法としてHDD圧縮を利用していると言った。わたしは少し驚いた。その目的でHDD圧縮を利用したことはなかったからだ。

 HDD圧縮では、ファイルをHDDに書き込む際にファイルの冗長性が排除され、HDD容量が節約されるが、トレードオフもある。ファイルをHDDから読み出す際にファイルの展開が必要になることだ。展開プロセスではCPUリソースが消費されるが、ファイルが圧縮されていなければ、このリソースは使われないわけだ。このため、HDDを圧縮しない方がマシンのパフォーマンスが高いと、わたしはずっと思っていた。

 なので、友人がシステムパフォーマンスを改善するためにHDD圧縮を利用していると知ったときは、ちょっと意外だった。友人は決して無知ではないので、HDD圧縮でパフォーマンスが改善し得ると考えるからには、しかるべき根拠があるはずだった。

 わたしは興味津々で、説明してほしいと彼に頼んだ。そして分かったのは、「システム全体の中でHDDが最も遅いコンポーネントであり、システムを高速化する1つの方法は、HDDに読み書きするデータの量を最小限に抑えることだ」と彼が考えたということだった。圧縮により、HDDに保存されるファイルのサイズが小さくなり、そのおかげでHDDのI/Oが高速化するというわけだ。

 展開プロセスについて尋ねると彼は、「そのプロセスは必要だが、ファイルがHDDから読み出された後で行われる」と説明した。メモリはHDDより速いメディアなので、展開プロセスは非常に高速だという。

 となると、残る問題はHDDを圧縮すべきかどうかだ。

関連ホワイトペーパー

ハードディスク | バックアップ | ストレージ


ITmedia マーケティング新着記事

news046.png

B2Bマーケティング支援のFLUED、国内のEC/D2C企業20万社のデータベース「StoreLeads」を提供開始
B2Bマーケティング・営業DXを支援するFLUEDは、カナダのLochside Softwareが提供するECサ...

news054.jpg

サブスク動画配信サービスの市場規模が5000億円超え 最もシェアを伸ばしたサービスは?――GEM Partners調査
定額制動画配信サービスの市場規模は2020年以降、堅調に拡大しています。ただし、成長率...

news044.jpg

ビルコム、PR効果測定ツール「PR Analyzer」に海外ニュースのクリッピング機能を追加
ビルコムは、クラウド型PR効果測定ツール「PR Analyzer」に新機能「海外メディアクリッピ...