NRIセキュア、各種メッセージログを電子メールとして一元管理できる新製品NEWS

NRIセキュアテクノロジーズがセキュリティ管理ソリューション「SecureCube」の新製品を発売。各種コミュニケーションサービスの通信メッセージログを電子メールに変換して一元管理できるようにする。

2009年10月02日 09時00分 公開
[TechTargetジャパン]

 NRIセキュアテクノロジーズは9月30日、ファイル送受信サービスや金融情報サービスなどの通信メッセージログを電子メールに変換して一元管理するソフトウェア製品「SecureCube / Message Crawler」(セキュアキューブ/メッセージクロラ)を同日より発売すると発表した。

 SecureCube / Message Crawlerは、電子メール以外の各種コミュニケーションサービスの通信メッセージログを収集、電子メール形式に変換するとともに、各サービスのアカウント情報を社員のメールアカウントに関連付け、さまざまなログ情報の一元管理を可能にする。各サービスで個別に行っていたログの収集・管理作業を一元化できるため、運用管理負荷を軽減できる。また、電子メールに変換したメッセージを既存のアーカイブシステムや監査システムへ転送できるため、既存システムを修正することなくログ監査業務を効率化できるという。

画像 SecureCube / Message Crawlerの利用イメージ

 同製品は2009年9月時点で、金融情報ベンダーが提供するメッセージサービスと、同社が提供するファイル送受信サービス「クリプト便」の通信メッセージログに対応している。同社では今後、同製品が対応できる通信メッセージログの種類を順次拡充していく予定だという。

ITmedia マーケティング新着記事

news079.jpg

狙うは「銀髪経済」 中国でアクティブシニア事業を展開する企業とマイクロアドが合弁会社を設立
マイクロアドは中国の上海東犁と合弁会社を設立。中国ビジネスの拡大を狙う日本企業のプ...

news068.jpg

社会人1年目と2年目の意識調査2024 「出世したいと思わない」社会人1年生は44%、2年生は53%
ソニー生命保険が毎年実施している「社会人1年目と2年目の意識調査」の2024年版の結果です。

news202.jpg

KARTEに欲しい機能をAIの支援の下で開発 プレイドが「KARTE Craft」の一般提供を開始
サーバレスでKARTEに欲しい機能を、AIの支援の下で開発できる。