2010年11月25日 08時00分 公開
特集/連載

タブレット端末が企業にもたらす課題とチャンス(後編)各端末のセキュリティ機能とその注意点

iPhone、Androidなどのスマートフォンを始め、iPadなどの各タブレット端末に必要なセキュリティ対策を整理して紹介する。

[Lisa Phifer,TechTarget]

 企業にとってのタブレットコンピューティングは、特に医療のような垂直市場において、大きな生産性向上のチャンスをもたらしてくれる。また、セキュリティソリューションプロバイダーは米AppleのiPadのようなタブレット型端末で実行されている中核的なセキュリティアーキテクチャを理解することによって、顧客サポートのチャンスをつかめるかもしれない。

 本稿の前編「タブレット端末が企業にもたらす課題とチャンス(前編)」で解説した通り、タブレットコンピューティングに搭載されているのは従来のようなノートPC用のOSではない。独自のセキュリティモデルを備えたモバイルOSであり、ノートPCとは違うエンドポイントセキュリティプログラム、バックオフィスサーバ、ポリシーを必要とする。

ITmedia マーケティング新着記事

news069.jpg

「メタバース」でどうやってもうけるの? Meta(旧Facebook)が考える収益化への道
Metaの中核をなすメタバースプラットフォームのマネタイズ計画が明確になりつつある。高...

news032.jpg

Amazonの「ブランド広告力」が調査で判明、GoogleとFacebookを圧倒する理由は?
大手ECサイトの広告媒体としての価値がますます高まっている。リテールメディアへの広告...