2010年11月25日 08時00分 公開
特集/連載

タブレット端末が企業にもたらす課題とチャンス(後編)各端末のセキュリティ機能とその注意点

iPhone、Androidなどのスマートフォンを始め、iPadなどの各タブレット端末に必要なセキュリティ対策を整理して紹介する。

[Lisa Phifer,TechTarget]

 企業にとってのタブレットコンピューティングは、特に医療のような垂直市場において、大きな生産性向上のチャンスをもたらしてくれる。また、セキュリティソリューションプロバイダーは米AppleのiPadのようなタブレット型端末で実行されている中核的なセキュリティアーキテクチャを理解することによって、顧客サポートのチャンスをつかめるかもしれない。

 本稿の前編「タブレット端末が企業にもたらす課題とチャンス(前編)」で解説した通り、タブレットコンピューティングに搭載されているのは従来のようなノートPC用のOSではない。独自のセキュリティモデルを備えたモバイルOSであり、ノートPCとは違うエンドポイントセキュリティプログラム、バックオフィスサーバ、ポリシーを必要とする。

ITmedia マーケティング新着記事

news165.jpg

日本のデジタル広告はビューアビリティーが低くフラウド率が高い――IAS調査
日本におけるモバイルWeb環境のアドフラウド率はディスプレイで2.3%、動画で2.9%に達し...

news010.jpg

「パーソナライゼーションエンジン」 売れ筋TOP10(2021年10月)
今週はパーソナライゼーション製品の売れ筋TOP10を紹介します。

イー・エージェンシーのCDP「D-Lenz」はSaaSとスクラッチ開発の良いとこ取り
顧客データや問い合わせデータのさまざまなマーケティングデータを統合し、顧客の分析や...